2013年05月17日

2013.05.17(金)奈良旅行1日目_法隆寺救世観音,馬見丘陵公園


2013年初夏の奈良旅行、第一日目。
今回の旅行の第一目的は、法隆寺夢殿の救世観音です。


P5176230.jpg

3月の旅行では全くといっていいほど見当たらなかった修学旅行生。
今回は、うじゃうじゃしてました。


P5176236.jpg

P5176235.jpg

法隆寺夢殿。
中には、フェノロサと岡倉天心によって見いだされた秘仏、救世観音様。
数ある法隆寺の仏像の中でも、私が一番好きな仏像様。
お美しいお姿でした。
もちろん、撮影不可なので写真はありません。


さて、この前日の晩、職場の飲み会で飲み過ぎてしまった私は、
救世観音様を拝観した後は前日の疲れが出て、
「もう今日は目的果たしたからいいや〜」という気持ちになってしまい・・・


P5176241.jpg

柿の葉寿司を買って・・・


P5176242.jpg

馬見丘陵公園でまったり。


P5176303.jpg

とっても天気がよくて、のんびりしてて、癒やされました。


P5176295.jpg

柿の葉寿司を食べた後、甘いものがほしくなって、公園内のカフェへ。


P5176296.jpg

低脂肪ジェラートと、はっさくのコンフィチュールソーダ。

このカフェ、昼過ぎなのにすごく賑わっていて、地元の人気店のようでした。
今度来るときは、ランチに来よう。


今回の宿は、ワシントンホテルプラザ奈良。
この日は早めにホテルにチェックインして、休みました。




posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

2011.08.13(土)奈良旅行4日目_山の辺の道・三輪そうめん・きみごろも・長谷寺




早めにレンタカーを借りて、10:03着のJRで奈良入りする

とげぞう夫妻をJR奈良駅でお出迎え。

3月末にとげぞうから「赤ちゃんができました」メールをもらってから、

初めて会う私たち。おお!お腹がおっきくなってる〜。6ヶ月くらい?


それにしても暑い。今日も暑い。

早々に車に乗り込んでもらい、クーラーをがんがんにかけて、

いざ、山の辺の道へ出発!


まずはナビを石上神社に設定しました・・・が、途中で「帯解寺→」の

看板に出くわし、妊婦もいることだし、せっかくだからと寄ってみました。

P1120156.jpg

P1120155.jpg

帯解寺は、今から約1150年前、なかなか子宝に恵まれなかった文徳天皇の妃

染殿皇后(藤原明子)が、帯解子安地蔵菩薩に祈願なさったところ、

まもなく御懐妊、無事惟仁親王(のちの清和天皇)をご出産になられ、

それを喜ばれた文徳天皇により、伽藍が建立され、無事腹帯が解けた寺、

帯解寺(おびとけでら)と寺号を改められたという由緒正しい寺で、

近年では、美智子妃殿下御懐妊の際、安産祈願した腹帯などを献納した

お寺としても有名です。

とげぞう夫妻も、5ヶ月目の戌の日の安産祈願先として、この帯解寺が

候補に挙がったそうですが、ものすごい人気で断念したとのこと。

いくら美智子皇后の安産祈願をした寺だからって、この平成の世に至るまで

そんなに人気を保っていられるものか?と思ったら、

どうやらこういうことだったようです。

「江」ブーム、少子化も止める? 帯解寺へ参拝急増
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110218/trd11021812070010-n1.htm



P1120158.jpg

石上神宮

P1120160.jpg

なぜかたくさんの鶏が放し飼いにされていました。御神鶏?


P1120168.jpg
拝殿が国宝だと聞いてへぇぇ〜と思いながら写真を撮ったのですが・・・。

P1120169.jpg
え?こっちが国宝?


どちらも国宝でした。前者:石上神宮の拝殿(国宝)  後者:出雲建雄神社拝殿(国宝)

http://www.omiyasan.com/other/post-211.php


 

P1120171.jpg
出雲建雄神社




P1120173.jpg

黒塚古墳


P1120174.jpg

黒塚古墳展示館

駐車場がなくて・・・JAならけん柳本支店(この日お休みだった)に

とめさせてもらったのですが、展示館の東側に実はありました。


こちらは、ドラマ「鹿男あをによし」のロケ地としても有名になりました。

ストーリーの鍵を握るキーワード「三角」の謎に迫る場所として、

出てきていましたね。

P1120175.jpg
三角縁神獣鏡


お昼は三輪素麺で〜♪

P1120180.jpg
池利 千寿亭


このお店は人気店なのですね。

土曜日のお昼時・・・14組の待ちが出ていました。

名前を書いて、時間つぶしに500mほどしか離れていない、

近所のみむろへ。


みむろもなかを購入し、喫茶で30分ほど過ごしたあと千寿亭に戻ると、

まもなく名前を呼ばれました。ジャストタイミング!

P1120177.jpg
とげぞう:冷やし素麺天ぷら付(白のみ)

P1120178.jpg
とげぞう夫:冷やし素麺天ぷら付(三色)

P1120179.jpg
そえ果:トマト味噌にゅうめん


みんなでこの変わりにゅうめんのスープを味わい、ひとしきり盛り上がりました。

・味噌と書いてあるけれど、前面には出ていない。隠し味程度では。
・チーズが入ってる!イタリアンみたい!
・チーズとの相性も良いことから、和風ダシではなく、コンソメなどの
 洋風ダシなのでは。
・めんを食べ終わった後、ご飯を入れるとリゾットとしてもイケルはず。

などなど。

この夫婦、どうでもよいことを真剣ぶって話し合うのでオモロイ(笑)。


さて、「三輪素麺」をお土産に買うことも今回の旅の目的の一つですが・・・。

そうめん・・・どうせならちょっと高級なのを、と思ったら5束で1,000円。

高いよー。でもまぁいいか。




千寿亭を出るとすでに2時過ぎ。

予定ではこのあと長谷寺に行く予定でしたが、

大宇陀の松月堂さんに、きみごろも10個を3時に予約していたため、

長谷寺に行く前に大宇陀に行くことになりました。


ナビは番地まで探してはくれず、「周辺」で案内を終えましたが、

とげぞうが見つけてくれました。



P1120184.jpg
松月堂

P1120189.jpg
きみごろも

P1120185.jpg
なんときみごろもストラップ!

きみごろもはこのあと、長谷寺でゆっくりいただきました。

 
P1120187.jpg

長谷寺 改修中でした〜。昨日、龍泉寺もそうだったなぁ〜。




長谷寺への参拝も済み、とげぞう夫妻の御朱印帳にも無事御朱印をいただいたので、

ここらでほっと、休憩の時間にしましょう〜ということで、

P1120190.jpg

国重文の登廊を見ながら、きみごろも〜。写真が暗くて申し訳ありませんm(_ _)m

「土日は予約されていた方が確実です」と松月堂のご主人に言われ、

「じゃあ、3個」というのもはばかられたので、10個予約していました。



とげぞうが冗談で「3個ずつ食べればすぐなくなるよ〜」と言っていましたが・・・

実際、3個行けてしまいました!

とげぞう夫は「4個はキツかった」そうですが(笑)!

P1120191.jpg

ここでもまた、きみごろもの製法・味についてひとしきり盛り上がりました。

・軽い!口溶けが良い!
・ハチミツの甘さが利いている
・中は卵の白身、外に黄身が塗ってある、ということはわかるけど・・・
・卵の白身を泡立てて、どうやって成形しているのか?
・揚げてるのか?焼いてるのか?
・どうやって黄身を塗るのか?

などなど・・・

あ、もちろん「美味しい」ことはいうまでもありません。

大宇陀に行かないと手に入らないのが惜しくもあり、また楽しみでもあり、ですね。

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

2011.08.12(金)奈良旅行3日目_天川・洞川




3日目の今日はレンタカーで天川・洞川まで。結構遠出です。

といっても、Google地図で事前にリサーチしたところによると、

奈良市内から2時間くらいで着くみたいだったので、甘〜く見ておりました。


実際には、片道3時間、往復6時間かかりましたたらーっ(汗)

お盆の帰省ラッシュの影響もあったのでしょうか?

おかげで滞在時間はわずか3時間。温泉にも浸かれませんでしたよ、トホホ。


でも、温泉以外はかなり満喫してきました。

天川くらい山奥だと、結構涼しいはず〜るんるん長袖が要るかな〜るんるんるんるんるんるん

との希望的な予測は見事に外れ、市内とほぼ同じ。暑い。汗だらだらたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

それでも都会的な熱を感じない分、体感は少〜しだけ涼しい、かな?




天川に入る前に、あさみさんに教えていただいた神社を発見!

P1120105.jpg

丹生川上神社 下社

なんでもこちらは、

P1120106.jpg

なんだそうで。

境内には石やらなんやら、おもしろそうな、由来ありそうなものがたくさんありました。

ただ、あさみさんは、丹生川上神社には、上社・中社・下社とあるとおっしゃっていたのですが、

残念ながら、下社しか見つけられませんでした。



さて、いよいよ天川エリアへ。

P1120117.jpg


天河神社、正式には天河大辨財天社です。


お守りストラップを購入・・・したときすでに1:30過ぎ。

おなかペコペコの私は思わず宮司さんに、

「ここら辺で、美味しいものが食べられるところはないですか〜?」

ちょっと驚かれた様子の宮司さんでしたが、

「どっから来はったんですか〜?」

「九州の福岡からです〜」

「そらまた遠くから。市内からレンタカー?へぇぇ〜〜」

なんて、結構気さくに応じてくださいました。

地図を示されながら、

「洞川温泉街の方に行くと、お豆腐とか手打ちそばとか、いろいろとありますよ。

 有名なごろごろ水もありますし。」

と教えてくださいました。

「市内から、結構混んでましたやろ?

 私らはな、市内に出るときは169号線とか24号線とか、

 大きい道は通りませんのや。

 間のな、細い田んぼ道みたいなところを縫うように走るんですわ。

 でも、この辺に不案内な人にはあまりお勧めできませんけどな。」

(方言は厳密ではありません。ニュアンスだけお楽しみください。)


な〜んて話を聞いていたら、業者さんが法被?を納品に来られたようだったので、

お礼を言って、失礼しました。


車を走らせること20分ほど。洞川温泉街に到着しました。



P1120130.jpg


車を龍泉寺の駐車場にとめさせていただいて、

まずはこの喉の渇きと空腹を何とかしなければ・・・ということで、

お食事処を探しに行きました。

(龍泉寺さんには、あとでお参りして、

 駐車料金分も含めてちょっと多めにお賽銭あげさせていただきました。)





と、早速「名水とうふ」の看板発見!

P1120123.jpg


名水とうふ丸亀商店です。

「お豆腐いただけますか〜」とお店に入ると、

「はいどうぞ〜」と普通のパッケージに入ったお豆腐を一丁出されました。

店先で食べさせてもらえるようなところを想像していましたが、

そういうお店ではなく、普通のお豆腐やさんだったわけです。

なので、このお豆腐をいただけるお食事処は?と聞くと、

この辺の食事処ならどこでもウチの豆腐を使ってはると思います、とのことでした。





P1120127.jpg

お食事処みやそい

ただいま満席中の立て看板がありましたが、一人くらい何とかなるやろーと中をのぞくと、

意外に空いてる・・・でもテーブルの上は食器が片付けられないまま。

なるほど、客はひいたけど、テーブルを片付ける余裕がないんだな。

「すみませ〜ん、一人なんですけど、いいですかぁ〜?」

「あー、お一人さん?んー、ちょっとお待ちいただくかもわからんけど」

「構いません」

「なら、どうぞ〜」

ということで、一つだけ片付いていたテーブル席に通されました。

結構ご年配の、ご夫婦でやっておられる店のよう。

奥のほうに息子さんらしき人も見えるけど、接客はお二人でされているようです。

これでは満席時は大変でしょう。

座敷席の常連さんらしき人と、

「表、満席中の看板出っ放しやないの〜?」

「ええの、ええの、もう今日は疲れたわ〜」

こんな会話がなされていてちょっと笑いました。


あまご定食、いわな定食、あゆ定食・・・etcどれも美味しそうで選べません。

悩んだ挙句、一番最初に書いてあるのがイチ押しメニューだろうということで、

「あまご定食」(1,500円)をお願いしました。


P1120124.jpg

あまご・・・初めていただく川の幸。

P1120126.jpg

塩焼きの身がほんのりピンク色をしていて、これが美味しくてビックリ!

名水豆腐や串カツなどの他のおかずも、どれも素朴だけど美味しくて、

あっという間に完食。

美味しいものだけでおなかいっぱいにできるってなんて幸せグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

お会計のときに、

「串カツの肉は猪ですか」と聞いたら

「鹿です〜」と言われて驚きました。

奈良のシンボル鹿・・・食べちゃった。

でも、やわらかくて味があって美味しく頂きましたので、

どうか成仏してください。あまごさんもね。チ〜ン。


さて、おなかも膨れましたので、いよいよ洞川散策です。


P1120133.jpg
龍泉寺


P1120142.jpg
本殿改修中でした。

P1120143.jpg
天川村立資料館

「ギャラリーほのぼの」で米谷昌浩さんの作品展「 風の道 水の旅 奈良麗峰 」やってました。





P1120144.jpg
こんなのもありました〜。

P1120145.jpg
山頭火の俳句Tシャツ。かなりひかれました。

P1120148.jpg
名水ごまどうふ

P1120147.jpg
こちらは店内でいただくことができました。300円。美味しかったです。

さっきみやそいさんでいただいた名水とうふを食べたときも思ったこと。

原料の味が前面に出ていません。とうふなら大豆、ごまどうふなら胡麻。

おいしいお豆腐と言われるものは、結構これらの味がガツンとくるものだと思っていましたが、

洞川のは違います。どちらも前面に出ているのは水の味。

感じるのは水の清らかさ、癖のないツルッと感です。

体のどこにも、味覚にさえ引っかからずに、すぅ〜〜っと胃まで落ちていく心地よさ。

美味しい水を使った食べ物って、こんな感じなんだなと、ちょっとした発見でした。




こないだやってたテレビで、女優の竹下景子さんが訪ねていたお店がありました。

P1120131.jpg
手前:そば処清九郎(せいくろう)
奥 :柿の葉寿司のお店(たしか清九郎のご主人の息子さんのお店。)

今日はお腹いっぱいなのでスルー。

P1120132.jpg
面不動鍾乳洞(めんふどうしょうにゅうどう)は、今回は時間がないのでまたの機会に。




そして、洞川といえばごろごろ水なのですが・・・

ごろごろ水は温泉街からさらに車で奥まで行かないといけないし、

300円の施設利用料で何リットルでも汲み放題なのに、私は500mlのペットボトルしか持ち合わせておらず、

時間不足に準備不足なので、こちらもまたの機会に、ということにしました。




洞川をあとにして来た道を戻り、天川村ふれあい直売所 小路の駅「てん」へ。

P1120149.jpg

名物「いもぼた」(しまった!写真撮り忘れ)と、
(いもぼたについては↓コチラ
 http://www.nara-np.co.jp/20100629101317.html

P1120150.jpg
豆乳プリン(こちらもお水の味でした)

そして、

P1120243.jpg

大峰ののキハダはちみつ180グラム1,050円 を購入。

洞川名産の漢方薬「陀羅尼助」の原料キハダ(黄檗)の花の蜜で珍しいんですよ〜

とすすめられて、つい買っちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)




再び車に乗り、市内へ向けて車を走らせていると、

「こんにゃく」ののぼりが。

「洞川は何でも美味しいですよ!とうふでもこんにゃくでも!

 こんにゃく、お嫌いじゃなかったらぜひ食べてみて下さい!美味しいですから!!」

というあさみさんの言葉を思い出し、気がついたらウィンカーを出して駐車場に入っていました。

P1120152.jpg

P1120151.jpg
はい、めっちゃうまかったです!100円だし〜。



この日、奈良市内に帰ってきたのは夕方6時過ぎでした。

余力があったらもう少し燈花会に行きたかったのですが・・・

9時くらいにコテンと寝てしまいました。


posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

2011.08.11(木)奈良旅行2日目_ならまち・身代わり申・ちちろ・般若寺




さて、2日目。

今日は、身代わり申を手に入れるべく、まずは奈良町資料館へ。

P1110954.jpg

前日にも足を運んだのですが、お休みで購入できませんでした。

P1110955.jpg

この、お得な5000円の身代わり袋を購入るんるん

中身は盛りだくさん!

三連の身代り申(7,500円)

身につける小さな身代わり申(1,000円)、
ストラップ(500円)
てぬぐい(値段不明)、
夫婦箸(値段不明)など。


わかっているだけの金額を足しても、


5,000円というのがいかにお得かわかります。

これと別に、自分用に、身代わり申の中(2,500円)も購入〜。

P1110956.jpg


身代わり申は家の入り口、玄関の中に下げてくださいとのこと。

ならまちでは皆玄関の外に下げてあるので、

そうするものかと思っていましたが、

ならまちの方々は、道行く人々の安全を祈って

外に下げておられるのだそう。ありがたいことです。

また、身代わり申が落ちたり、紐が切れたりした場合は、

自分が受けるべき災難を申が引き受けてくれたと理解し、

庚申堂にお持ちくださいとのこと。

ちゃんとお焚きあげして、供養してくださるそうです。

これまたありがたいことです。


P1110953.jpg

身代わり申には、売店の方が、願い事と家の名前を

筆で書いてくださいます。

名前は、家用には○○家、個人用にはフルネームです。

願い事は、家用には「家内安全」「無病息災」「交通安全」と

書いてもらい、個人用には「心願成就」と書いてもらいました。

個人用は寝室につるします。


昨日に引き続き、ならまちを散策。

P1110921.jpg
ゲストハウス「枕」さん、み〜〜〜っけ!

P1110922.jpg

P1110926.jpg
御霊神社

P1110951.jpg
ならまち格子の家


P1110928.jpg

P1110947.jpg

P1110943.jpg
こうやって、板壁を上に跳ね上げて・・・

P1110944.jpg
風を通したりできるわけですね。昔ながらの町屋には工夫がいっぱい。


P1110967.jpg

P1110966.jpg
ならまち工房U 


生駒あさみさんの奈良ガイドブック『二人で行く奈良』で、気になっていた・・・
P1110965.jpg

P1110959.jpg
「be-buddha」さん

真鍮クリップをお買い上げるんるん

P1120232.jpg P1120236.jpg

表には「悟れ」、裏には「煩悩」。このゆるーいイラストにも癒されます。


RAHOTHUの場所を確認して、きたまちのちちろへ。



NHK奈良放送の裏手にある、古書喫茶ちちろは、

映画『殯の森』で認知症の老人役を演じられた、うだしげきさんがやっておられるお店です。

「ちちろ」とは「こおろぎ」のことだそう。


P1110973.jpg

火・木限定のちちろランチを目的に行った私ですが、

現在はランチはやっておらず、

うださんのつくるおうどんとそうめんでやっておられるとのこと。

P1110976.jpg

ならばと、うださんおすすめのアーサそうめん(800円)をいただきました。

そうめんはたっぷり2人前はありそうな量。

めんつゆの中に大和芋のすりおろしたものと、

アーサ(あおさ)を入れ、それに麺をつけて食べます。

塩味が効いてて美味しい!体が喜んでいます。


そうめんをいただきながら、うださんといろいろとお話をさせていただき、

楽しい時間をすごしました。

古書喫茶としてオープンしたお店ですが、

古本はさっぱり売れず、代わりに喫茶担当として

きていただいている女性が作るお菓子が評判となったため、

古本より最近はカフェとしてやっておられること。

古本のほとんどは2Fのスペースに固めて上げてしまったこと。

映画『殯の森』(もがりのもり)の撮影の裏であった秘話。

河P監督最新作の『朱花の月』(はねずのつき)について・・・etc




このあとはどこに行くの?と聞かれ、ノープランですと言うと、

ちちろから徒歩でいける、ディープな奈良散策ルートを教えてくださいました。

般若寺には今回ちょうど行こうと思っていたので、

この提案に飛びつきました。





ちちろを出て、北へ北へと歩きます。


途中、うださんに「建物がすばらしいから」と教えてもらった、

奈良少年刑務所に出ました。あら、ホントに美しい煉瓦造り。

P1110977.jpg

中の建物も煉瓦造りのようですが、

さすがに門にかじりついて中を撮影する度胸はなく、

遠巻きに門だけ。

wikiによると

「毎年9月に「矯正展」という一般公開行事を開催している。

 指導内容の紹介、受刑者の絵画や文芸等の作品紹介、

 本館前の広場を中心とした物販などのほか、

 さらに奥に入って施設を見学するツアーも行われている。」

とのこと。写真撮れるならちょっと参加してみたいツアーです。





あれ?奈良少年刑務所に出てしまったということは、

うださんに教えていただいた「北山十八間戸」

(鎌倉時代のハンセン病患者収容施設)は見落としてしまったよう。

でも、あまりに暑くて戻る気力なし。


ということで道を先へと進みました。

般若寺を右に見て、左には植村牧場

P1110979.jpg

こちらでうださんおすすめのソフトクリームをいただいてから、

般若寺に参拝することにします。


知的障害の方が働いておられる牧場です。

P1110981.jpg

ソフトクリームはまっしろ!そして甘くて濃厚でした!





コスモス寺として有名な般若寺ですが、

さすがにコスモスには早いか・・・

いえ、ほんのちょっとですが咲いていました!


P1110997.jpg
 

P1110994.jpg



うださんが教えてくださった道をどんどん行きます。

途中、こんな↓看板や、

P1120020.jpg
(仏教の町なのに・・・)

こんな↓お店、

P1120021.jpg
(この辺には鹿がいないというのに・・・)

に、和まされながら?てくてく。


「タイムスリップできる場所」(byうださん)という、

P1120022.jpg

P1120026.jpg

奈良豆比古神社

大樟には圧倒されて、なんだかタイムスリップしそうな感じにはなりましたが・・・

P1120031.jpg

いかんせん蚊が多くて、あっという間に現実に引き戻されました。


奈良豆比古神社から来た道をやや戻って右折。

道がだんだん農村っぽくなっていって不安になりましたが、

とりあえず進んでいくと、教えていただいたとおり、黒髪橋へ出ました。

P1120033.jpg

P1120035.jpg

P1120034.jpg

橋を渡ると、黒髪神社。

そして聖武天皇生母の藤原宮子(不比等の娘)の塚?

P1120036.jpg

P1120037.jpg


奈良ドリームランド(H18.8.31閉園、現在廃墟)の裏の、

ダンプカーが猛スピードで通る、歩道のない大きな道をてくてく。

車道の脇にも藪の奥にもゴミがいっぱいでちょっと悲しくなりました。


ホテルに戻り今日も燈花会へ。

今日は、RAHOTHUでグリーンカレーを食べ、

P1120041.jpg

P1120039.jpg


徒歩で興福寺→浮見堂→浅茅が原→浮雲園地→春日野園地→東大寺鏡池→奈良国博



P1120056.jpg



P1120063.jpg

P1120064.jpg

P1120083.jpg

P1120086.jpg

P1120088.jpg

P1120090.jpg



今日もいっぱい汗かきました〜〜〜。






 

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

2011.08.10(水)奈良旅行1日目_フルコト・ならまち



ANA 424 福岡(10:20) - 大阪(伊丹)(11:25)
 
大阪伊丹空港から空港リムジンバスにて、あべの橋まで移動。

リムジンバスの中で、携帯に職場から着信があったことに気づき、

天王寺の駅から職場に電話をしました。

クラスの生徒のトラブル処理・・・。

これに結構時間をとられ、すっかり奈良入りが遅くなってしまいました。

しかもこのトラブル、一朝一夕には解決できない問題で、

旅行の間中気になり、また電話連絡を取っていました。





まずは、フルコトさんへ!

ということで、フルコトさんのHPの案内を参考にしながら、

P1110853.jpg

東大寺転害門を背にして、てくてくと。


P1110849.jpg

ハタリ源角堂さんを左手に見て、スーパーマーケット「ビッグナラ若草店」から右折。

フルコトさんは思った以上に住宅地、民家の奥の奥にあり、

P1110848.jpg

P1110846.jpg

途中何度も「ホントにこっち?」と不安になりながらも、

P1110836.jpg


P1110834.jpg

看板や案内を頼りに何とかたどり着けました。

お店・・・というか、おうち(笑)。

P1110833.jpg

なんだか旧いお友達の家に遊びに来たような錯覚を起こします。

「おじゃましま〜す」と2Fへの階段を上がると、

そこには奈良の雑貨がステキにディスプレーされた、

心ほどける和みの空間が広がっていました!!


P1110826.jpg

P1110827.jpg

P1110828.jpg

P1110823.jpg


奈良旅手帖2012コーナーもあります。

ちょうどこの日、生駒あさみさんが店番だったのですが(狙って行きましたとも!)

奈良旅手帖の予約カードに書いた私の本名を見て、

そえ果だと気づいて下さいました。感激ぴかぴか(新しい)

それから、あさみさんといろんなお話をさせていただき、

ミーハーなことにツーショットでの写真まで撮らせていただき、ますます感激ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

その上、厳選された奈良グッズやかわいい雑貨もたくさん買って(買いすぎて)、

満足るんるんるんるんるんるん





P1110843.jpg

フルコトさんの大家さんでもある、入り口の koharu cafe さんに寄って、

P1110840.jpg

美味しいシフォンケーキをいただき、きたまちをあとにしました。





なんだか今日は生徒のことで出鼻をくじかれ、

神社仏閣をまわる気力がそがれたので、ならまちをぶらぶらすることに。

P1110857.jpg

てぬぐいの朱鳥さんや、

P1110861.jpg

ならまちふきんの吉田蚊帳さんや、遊中川さんをのぞいてみます。

遊中川さんは、浴衣姿の若い女性でにぎわっていました。

店に入ってみて、納得。

浴衣でお買い物の方には割引サービスが行われていたようです。

私は残念ながら浴衣ではありませんでしたが、

遊中川さんから誕生日カードをいただいていましたので、

P1120237.jpgP1120239.jpg

雑貨(ブックカバーとお香を買いました)を購入し、

ささやかながらうれしい誕生日プレゼント(ならふきん)を

いただきました。





さて、この日の宿はホテルフジタ奈良です。

ただし、今日の宿泊プランは18:00以降のチェックインで

安く泊まれるプラン。

18:00まではあと30分弱・・・ということで早めの夕食。

P1110870.jpg

『麺闘庵』さんで、

P1110869.jpg

巾着うどんの冷たいの(みぞれ巾着880円)をいただきました。

ちょっと味付けは塩辛いかなと思いましたが、

熱中症対策にはコレくらいの塩分が必要かも。





18:00すぎにホテルにチェックインし、

さっとシャワーを浴びて着替えた後、なら燈花会へ。


P1110891.jpg
興福寺五重塔

P1110898.jpg
県庁前

P1110901.jpg
県庁屋上からの夜景&五重塔

P1110904.jpg
鹿サポーターズクラブの露店で、付箋買いました。

P1110905.jpg
なぜか熊本のくまもんがっ!

P1110906.jpg
スタバの露店も出てました。




夜も思いのほか、というか昼間と変わらず暑く、

またシャワーを浴びる羽目になってしまいました。





 

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

東京土産いろいろ


用件は平塚にあったのですが、

お土産は東京で。

主に羽田空港で購入しました。


P1110812.jpg
東京土産の定番、ご存じ
「東京ばな奈」 日持ち:9日間


P1110813.jpg
東京ばな奈のお日持ちバージョン?
「東京ばな奈のアイとサチ」 日持ち:長め


P1110815.jpg
これは、横浜の高島屋地下2Fでゲット。
妹からリクエストのあった、
「麻布かりんと」各種 日持ち:長め


P1110816.jpg
これは、横浜の高島屋地下2Fで。
私が今回、絶対に買いたかったお菓子その1
「ねんりん家 バームクーヘン しっかり芽」 日持ち:13日間

今回はプレーン&マンゴー
ねんりん家の商品は羽田でも買えましたが、
この2本セットは、羽田ビッグバード第一ターミナルビル特選洋菓子館には、
ありませんでした。


P1110820.jpg
P1110817.jpg
絶対に買いたかったお菓子その2
「舟和の芋ようかん」 日持ち:3日間

コレだけ、さっき母と食べました。
「ようかん」ではありません。「芋」そのものでした。
母は「もうちょっとようかんらしいのがいい。」
私は好きです。
あんこ苦手なので、ようかんようかんしてたら食べられませんから。



あー、太りそあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by そえ果 at 00:02| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

平塚から戻りました



あー、今年も宿敵O高校に惜敗し、3位に終わりました〜もうやだ〜(悲しい顔)

残念!!

P1110794.jpg

でも、とてもいい試合で、みんな力を出し切りました。

「負けた」のではなく、「勝てなかった」。

O高校は、今年、一段と強かった。仕方ありません。


どちらもあっぱれぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by そえ果 at 23:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

2010年06月06日

2010.06.06 奈良2日目(平城宮跡・大遣唐使展)


今回、はじめて利用させてもらったウガヤゲストハウス。

記念にTシャツを購入しました〜。

コレ、裏にウガヤゲストハウスの文字が入っています。


私は人見知りなので、ゲストハウスみたいなところには抵抗がありましたが、

あまり干渉されず、思ったより気ままにすごせました。

でも、やはり4人一部屋だと、夜寝るとき、朝起きるとき、

電気をつけるかつけないかに気を遣いますネ。


P1100077.jpg


平城宮跡に行きました。

まずは、平城京歴史館への入場整理券をゲットすべく走る!

11:00に着いたのですが、手に入ったのは13:20の整理券。

う〜ん、まぁ特設会場を見てれば2時間くらいは経つだろう。


P1100028.jpg

朱雀門〜。

うっかり朱雀門だけの写真を撮り忘れたのでこんな写真で我慢して下さい。

大極殿は遠いなぁぁ〜、というわけで、線路のコチラから眺めただけ(笑)。

いつかは行こうと思うけど。


あとの時間は、特設会場をぶらり。

P1100029.jpg



P1100032.jpg

P1100039.jpg

遷都すしバーガー680円は高いやろ!


せんとくんグッズのお土産も物色。

P1100040.jpg

たいした混雑でしたよ、コチラも。


P1100042.jpg

コレはいかんやろ、コレは(笑)。

おもしろいので買ったけど。


P1100078.jpg

これも、買いました。せんとくんクッキー。


P1100054.jpg

コレも買ってみましたよ、柿ケーキ。

まだお昼だったけど、私が買った2個が最後の商品でした。



お土産が思いの外たくさんになってしまったので、

これまた会場に特設されていたヤマトの宅急便出張所から自宅へ送ることに。




手ぶらになったところで、いざ平城京歴史館へ!

P1100055.jpg

P1100056.jpg

P1100057.jpg

せんとくんクーポンをしっかり使いました。



平城京歴史館では、平城京や遣唐使について、

子どもにもわかりやすいアニメーション映像で勉強できるようになっているのですが、

NHKの「大仏開眼」を見ていたせいでしょうか、

約8分の遣唐使シアターで、不覚にもぼろぼろに泣いてしまいました。

遣唐使たちはこんな苦労をして、中国に渡り、

そしてふたたび命をかけて日本に戻ってきてたんだなーと。

中国大陸にたどり着くだけでも奇跡なのに、

たくさんの宝物や芸術品を持ってまた無事に日本に戻る、

この苛酷な旅を、吉備真備は2度もやってのけたのか!と。

泣きはらした目で、太陽の下に出て遣唐使復元展を見るのはかなり気恥ずかしかったですよ(笑)。



さて、平城京歴史館を堪能したあとは、私に残された奈良での時間もあとわずか。

だけど、この流れだったらやっぱり見ておきたい・・・

P1100075.jpg

大遣唐使展!

奈良に関することにお金を惜しまないと決めている私は、

時間節約のためにタクシーで奈良国立博物館へ。


やはり、吉備大臣入唐絵巻が印象的でした!

真備が魔法使いみたいに描かれていて興味深かったです。



P1100081.jpg

お土産に、恵方の金そばまんじゅうを買って、帰路につきました〜。



今回は、1泊2日であまり時間的に余裕のない旅でしたが、

めいっぱい楽しんだ2日間でした!!
posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

2010.06.05 奈良1日目(飛鳥_キトラ古墳・甘樫の丘)




6月5日 ANA 1674 福岡(07:10) - 大阪(伊丹)(08:25)

ウガヤゲストハウス泊

6月6日 ANA 427 大阪(伊丹)(17:35) - 福岡(18:45)


今回の奈良旅行の目的は、ズバリ!飛鳥資料館で行われている、

キトラ古墳壁画四神展です。


P1090940.jpg

大人気で、待ちが出ていました。

私が着いたときは、30分待ちでした。


P1090938.jpg

おぉ〜やっと入れる〜!グッド(上向き矢印)


中の写真は一切撮れませんのでありませんが、

人、人、人ですっごいごった返していました。

正倉院展の人混みを彷彿とさせます。

飛鳥にこんなに人が密集することって、そうそうないのでは?




さて、肝心の四神、間近で見られたことに感激しましたぴかぴか(新しい)

青龍はもうかなり色が薄くなっていましたが、

今回初公開の朱雀の赤は鮮やかでした。

記念に朱雀の壁画のマウスパッドを購入!


その後、バスにて甘樫の丘に移動〜。

P1090945.jpg

今日はいい天気〜!

P1090956.jpg

草花も気持ちよさそうに咲いていました。


P1090965.jpg

「丘」なのでちょっとした山道を登って展望台に行くのですが、

途中には様々な万葉植物が楽しめます。

あ、これは、ただのアジサイ。季節的にはまだ早かったので、色も控え目。


P1090971.jpg

頂上に来ました〜!

ここからは、大和三山を見渡せます。

左の小山が畝傍山、右が耳成山。

もう少し右には天香具山があります。


P1090989.jpg

丘を下ったら喉が渇いたので、甘樫茶屋でひと休み〜。


P1090990.jpg

暑かったので、アイスとアイスコーヒー(笑)。


P1090994.jpg

明日香の道はの〜んびりでいいですね。


P1090996.jpg

道端で見つけた花。名前が分からないたらーっ(汗)

なんか知ってるような気もするんだけど。



今日は、ウガヤゲストハウスに泊まります。

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

韓国旅行'09春 お土産編 オススメの韓国土産はコレ!


<東和免税店にて>


s-P1070021.jpg

東和免税店入り口に占めているのは、IKKOさんがこちらのBBクリーム

紹介したことでおなじみの、エチュードハウスです。

友人から頼まれていたこともあり、私もいくつかGETしました。

免税店では全て商品は$表示です。

今回の旅行では$1=98円で計算されているようでした。


s-P1070050.jpg

エチュードハウス BBマジッククリーム $7(=約680円)
10コ買うと10%引きにしているようでしたよ。



s-P1070052.jpg

エチュードハウス ヒアルロン酸エッセンスマスク(10枚入り) 
$7(=約680円)



s-P1070055.jpg

ミシャ パーフェクトカバーBBクリーム No.21 
$10(=約980円)

ミシャのBBクリームは、ブルーベースだと事前にネットで情報を得ていたので、

ぜひ買ってみようと思ってました。

No.21(ライトベージュ)とNo.23(ナチュラルベージュ)の2色があります。

店頭で試した感じでは、私は21かな〜と思ったのでこちらを購入。

試してみたらまた報告いたします。



s-P1070054.jpg

ハンスキン スーパーマジックBBクリーム $22(=約2,160円)

ハンスキンのBBクリームはユンソナが使っていることでもおなじみですね。

また、昨年数種類のBBクリームから“鉛”が検出されたというニュースがありましたが、

ハンスキンは鉛もヒ素も検出ゼロという検査結果をHPで公表しています。

そのせいか、エチュードハウスや、ミシャに比べるとちょっとお高め。



s-P1070265.jpg

添乗員さんオススメの緑のパッケージの岩のり(カットのり4箱入り) $10(=約980円)

食べやすい食卓サイズにカットされた岩のりが4箱入っているのですが、

その中は、さらに8袋(6枚入り)に小分けされています。

だからほんのちょっとずつでもよければ、最大で32人に一袋ずつ配れます。


岩のりにもたくさんのメーカーがありますが、決め手は添乗員さん(韓国人)が

「ウチではいつもこれ」と言っていたことと、他のメーカーのものとも食べ比べてみて、

塩味が控え目だったこと。

韓国のりって、ごま油と塩味が特徴ですが、あんまりこれらがきつくても

岩のりの本来の風味がわからない気がします。

その点でもこののりが勝っていたかなと。

お土産として配りましたが、好評でした。



<ロッテ免税店にて>


s-P1070272.jpg

唐辛子入りチョコレート(1袋30個入り) $7(=約680円)

オススメです!

「韓国らしいねって笑ってもらえればイイかな」程度の気持ちで買ったのですが、

意外に味もイケル!はじめは普通の甘いチョコ。

それをひとたび噛むと、中からじんわりと辛い唐辛子味が。

甘みと辛味の絶妙なコラボレート(やや辛味が勝るか)。

他の会社でも唐辛子入りチョコレートを売っていましたが、

私が購入したものはチョコレートの包み紙に唐辛子の絵が描いてあり

一目瞭然でわかりやすいかと。

またこのチョコを配った時、唐辛子の絵がかわいいと女性に人気でした。

 
s-P1070288.jpg

唐辛子入りチョコレート(1箱5粒入り×5箱) 
$7(=約680円)←定かでない

ちょこっとのお土産でも、きちんと箱で渡したいという人には、これがオススメです。

さっきの袋入りとは多分メーカーが違いますが、

こちらも包み紙に唐辛子の写真がついてます。写真なのでよりリアル。



s-P1070266.jpg

サボテンの実入りチョコレート(16枚入り) 
$10(=約980円)←定かでない


s-P1070268.jpg

韓国のり入りチョコレート(16枚入り)
$10(=約980円)←定かでない


s-P1070267.jpg

どちらも自分で味見をしましたが、味・インパクト、どちらにおいても

唐辛子入りチョコレートの方に軍配が上がりますね。

チョコは全部唐辛子入りにすればよかったと後から思いました。

あ、でも決してこれらもまずいわけではないんですよ。



<仁寺洞(インサドン)にて>

s-P1070289.jpg

仁寺洞の商店街のとあるお店で、思わず目がとまりました。

私が普段、教科書用によく使っているブックマーク(しおり)です。

日本で買うと結構高いんですよねー。1,000円以上、とか。

↑これらはW3,000(=約210円)でした。安っ!


s-P1070290.jpg

韓国らしい唐辛子チャームのついたブックマーク

コチラはなんとW2,000(=約140円)!!

お土産用に10本も購入してしまいました。



<明洞にて>


s-P1070260.jpgs-P1070261.jpgs-P1070262.jpg

明洞のファンシーショップみたいなところで購入。

靴下ばっかり(笑)。保育士をやっている妹に。

いつも園児が喜びそうな靴下を購入しているので、いいかな、と。



明洞では他に、ヘアアクセサリーなんかもすごく安くてかわいいのがたくさんありました。

「これ、日本で全く同じの売ってるよ!」ってのが1/5くらいの値段であったりして。

上の靴下だって、W1500(約100円)ですからね。

ちょっと金銭感覚狂いますよ。



<南大門市場>

s-P1070263.jpg

また靴下です(笑)。

それにしても、シャネルにヴィトンにバーバーリーの靴下って・・・。

見た目は笑うしかありませんが、履いてみるとかなり履き心地がよくてビックリ。

10足でW10,000でしたから、一足約70円です。

その安さにまた笑うしかない・・・。




<金浦空港近くの食料品店にて>

この食料品店、お店の写真を撮るのも、店名を聞くのも忘れたので詳しくはよく分かりません。

ただ、韓国のツアーでは、最終日仁川空港に行く前に立ち寄ることが多いようです。

韓国旅行の最後にぜひキムチを!という人がごっそりお金を落としていくようですが・・・。



先に言っておきます。

この食料品店でお土産を買うことはオススメしません!


キムチ、美味しくありません。

食料品・雑貨、全体的に高いです。


いままでこの旅程のどこで食べたキムチも美味しかったのに、

ここで試食したキムチは、本当に美味しくありませんでした。

もうここでしか買えないからと、母は買いましたが、

日本に持って帰っても美味しくないものは美味しくありませんでした。


そして、何より値段!

チョコレートものりも雑貨も全て高い。

だいたいいままで買い物してきた相場の1.5〜2倍くらいでした。


たとえば私が仁寺洞で買ったブックマーク。

W3,000(=約210円)で買ったのと同じものが、

400円で売っていました。

このお店では全て円表示、通貨も円が主でした。

そうかー、日本人を相手に最後にぼったくるだけぼったくるお店なんだなーと思いました。


s-P1070271.jpg

ソウル市内のスーパーマーケットみたいなところに行く機会があったら探そうと思っていた、

ひまわりの種チョコレート。 15袋入り 1,800円。

ここでしかお目にかかれなかったので、高かったけど仕方なく購入。

でも、賞味期限に注意しないとうっかりもうすぐ期限のものを買っちゃうところでした。

よく探して期限まで6ヶ月ほどあるものを購入。

口当たりも軽くて、いくらでも食べられる、期待通り美味しいお菓子でした。



s-P1070284.jpg

添乗員さんがバスの中で紹介していた、クレンジングもできる石鹸Assoter(アソテ)

韓国を代表するあの有名女優チェ・ジウが使っていることで

爆発的に韓国でヒットしているもので、添乗員さんも使っているそう。

はじめは友達に勧められて、「ほんとかなー」と思いつつ使ってみたらしいのですが、

評判どおりいい石鹸で、以来ずっと愛用していると添乗員さん。

私は、今回の添乗員さんを120%信頼しているので(とってもいい人だった!!)、

高いなーと思いつつ購入してしまいました。

もうあんまり韓国に来ることもないだろうし、ホントにいい石鹸だったら・・・と

うっかり3コ入りを1箱(5,500円!)買っちゃいました。


でもなー、日本に帰って使ってみたら、肌がピリピリしました(-_-;)

なのでちょっと使用中止中。残念。

あと2つ、オークションで売るかな〜と思ってネットでリサーチすると・・・


なんと、ネットで日本でも買える!しかも3個4,700円って・・・ガーン(゜Д゜;)

まあ、失敗もないと学習しませんからね。



最後に失敗してしまいましたが、今回の韓国旅行、

総じていいお買い物ができた旅行でした。満足!!

韓国旅行'09春 3日目(食料品店・仁川空港から帰国)


いよいよ最終日です。

3日目のこの日はほぼ観光はありません。

食料品店によってあとは空港に行くだけです。


s-P1070238.jpg

ホテルの窓からの景色。

韓国の人って本当によく運動します。

朝7時に目が覚めて窓の外を見ると、スポーツジムのようなところで

もうすでに数人の人がランニングマシンに乗っている姿が見えました。


s-P1070239.jpg

2泊お世話になったソフィテルアンバサダーホテル。


s-P1070247.jpg

ロビーも広々として快適なホテルでした。(部屋ではちょっとトラブルあったけど。)


11:00、バスに乗って空港に移動。

s-P1070248.jpg

車窓から見えた、国会議事堂。


s-P1070249.jpg

川べりに立っている、屋台のようなセブンイレブン。これも車窓から。



最後のお買い物スポット、食料品店に到着。

ここでのお買い物は、こんな感じでした。(→韓国旅行'09 お土産編


食料品店での買い物を終え、あとはもう空港から飛び立つのみ。


搭乗案内までかなり時間があったので、空港内でお昼を食べました。

s-P1070256.jpg

空港内のフードコート(みたいなところ)で、


s-P1070257.jpg

今回の旅行で食べれなかった石焼きビビンバを注文。

できればちゃんとしたお店でちゃんとした石焼きビビンバを食べたかったと思っていましたが、

なんの!充分美味しかったです。

店員さんがテーブルにやってきて、ビビンバをちゃんと混ぜてくれたりして、

日本のフードコートとはずいぶん違います。

最後もこんなおいしい食事をいただくことができて、大満足!

s-P1070258.jpg

この飛行機ではありませんが、15:10発のアシアナ航空機にて、福岡に無事戻りました。

母も満足してくれたようで、今度は釜山や済州島に行きたいなどと、

もうすでに気持ちは次の旅行へと向いているようでした。

次は、私じゃない誰かと行って下さいましm(_ _)m

2009年03月17日

韓国旅行'09春 2日目(昌徳宮・北村・仁寺洞・清渓川・南大門市場・ナンタ)

韓国2日目は、バスに乗って朝ご飯からスタートです。

s-P1070060.jpg

韓国の一般家庭の朝ご飯が食べられるお店へ。


s-P1070061.jpg

これが、韓国の一般的な朝ご飯だそう。

日本で言うなら、ご飯と味噌汁というところか。


s-P1070067.jpg

溶き卵に火をいれると、みるみるふわふわたまごに!


s-P1070068.jpg

岩のりをちりばめていただきました。おいしかった〜。



さて、おなかいっぱいになったツアー一行は、観光のメインともいえる

世界遺産昌徳宮(チャンドックン)に到着。



昌徳宮は朝鮮の第3代王である太宗が1405年に建てた、朝鮮王朝の王宮です。

本当は宗廟(ジョンミョ、歴代の王と王妃が祭られているところ)に行く予定

だったんですけどねー、この日は火曜日で宗廟が定休日だったのです。


s-P1070076.jpg

昌徳宮の正門、敦化門。1412年建立です。


s-P1070086.jpg

敦化門の天井です。鮮やかな色彩、美しい模様!

1400年代のものとは思えない!

と思ったら、色は10年ごとくらいに塗り直しているそうです。

それもまた大変ですね。


s-P1070095.jpg

昌徳宮の回廊の柱。エンタシスです。

やっぱり、中国・韓国・日本って、つながりが深いんですねぇ。


s-P1070097.jpg

昌徳宮の正殿、仁政殿です。


s-P1070107.jpg

日本だったら格子戸ってところでしょうか。


s-P1070141.jpg

これまでの極彩色の建物とは少し趣を異にする建物です。

先ほどまでの彩色がほとんどないエリアです。

樂善齋といって、王のつましい、質素な一面がかいま見られる一帯らしいです。


s-P1070143.jpg

格子っぽいけど、ちょっと違う・・・。


広い広い昌徳宮の散策を終えバスに戻ったら、

冷たい飲み物が用意されていました。添乗員さん気が利く〜。


s-P1070151.jpg

漢方の五味子茶というもの。冷たく冷やしてありました。

袋の一カ所に切り込みを入れ、そこにストローを刺して飲みます。

なんか酸っぱいけどおいし〜〜い!!

ちょうど散策でのどが乾いていたところだったので、みんなゴクゴク飲みました。

味はアセロラみたいな感じで、酸っぱいけどさっぱりして飲みやすかったですよ。



次は、北村韓屋(プッチョンハノッ)マウルです。

ここでは昔の韓国独特の街並みを、歩いて体感しました。

s-P1070154.jpg

雰囲気ありますね。

s-P1070164.jpg

瓦の使い方がおもしろいです。

屋根瓦として使う以外に、お絵かきまで。


s-P1070167.jpg

これなどはもう壁画ですね。


s-P1070168.jpg

シンプルだけど、なんかいいですよね。


s-P1070169.jpg

北村からバスで移動中に見かけた女性。

チマチョゴリをちょっとカジュアルにした服装だそうです。




北村の後、アメジスト専門店に行きました。

s-P1070171.jpg

ツアーですからね〜、いろんなところに連れて行かれるわけです。

どうぞお金を使って下さいってことですかね(笑)。


s-P1070175.jpg

でも、韓国がアメジストの産地だとは知りませんでした。

店内にはアメジストの原石がごろごろ展示(即売?)されていました。



さて昼ご飯です。

s-P1070180.jpg

ここも日本語で書いてある(笑)。兄弟ガーデンだそうです。


s-P1070179.jpg

ふぐ入りチゲを堪能しました。




お腹を満たした後は、免税店でお買い物〜。

ロッテ免税店です。

s-P1070182.jpg

ここでは私は主に、唐辛子入りチョコレートを買いました。

母は、朝鮮人参をたんまりと買い込んでいました。

それ以上元気になってどうすんだ?(笑)



バスは仁寺洞(インサドン)へ。

s-P1070185.jpg

ここでは、伝統茶を楽しむことになっています。


s-P1070186.jpg

バスの中で事前にメニューの希望を聞かれていました。

生姜・ナツメ・柚子・人参の中から選び、希望者の数をケータイで

添乗員さんがお店に伝えてくれていたので、すぐにお茶を頂くことができました。


s-P1070188.jpg

私は生姜を選びました。冷え性に効きそうだったので。

でもちょっと多すぎるやろってくらい、きざみ生姜が沈殿してましたよ。

いや、美味しかったですけどね。


s-P1070189.jpg

かわいいお茶菓子もついてました。


s-P1070192.jpg

母はナツメ茶。本当は人参茶を飲みたかったみたいですが、

私がナツメを飲みたかったので、コレにしてもらいました。

日本人の賛否が分かれるというナツメ茶ですが、私は飲めましたよ。

少しお薬っぽい感じはしますが、そこはそれ、体に効きそうってことで。



伝統茶のお店を出ると30分ほどの自由時間です。

歩いてすぐに、食べ物の屋台が。

お腹は空いていないはずだけど、なんだか甘〜いにおいが・・・


s-P1070193.jpg

なんか気になるー!!


s-P1070195.jpg

揚げパンみたいな・・・?


s-P1070194.jpg

我慢できずに買っちゃいました。ホットクというそうです。

平べったい揚げパンみたいなホットケーキっぽい生地の中はあま〜い何かが。

砂糖?メープルシロップ?

それにしてもアツアツで美味しい!

はじめは母と半分こにしようとしていましたが、

結局一人一個ぺろりと食べてしまいました。

確かW700くらいでした。日本円で¥50くらい。安っ!!


s-P1070198.jpg s-P1070199.jpg
s-P1070200.jpg s-P1070201.jpg

かわいくて美味しそうなお餅のお店もありました。

あ、左上の写真の真ん中のお団子、さっき食べたやつだ・・・。



その後、

s-P1070202.jpg

清渓川を散策し・・・


s-P1070214.jpg

清渓川シンボルのタニシのオブジェを見上げた後、バスで

明洞(ミョンドン)に移動。

明洞ではチープで面白いものをたくさん買いました。


明洞でのお買い物情報はコチラへ→韓国旅行'09 お土産編

 

さて、明洞にて本日の基本行程は終わりです。

ここからはオプション(W80,000=約5,600円)で、

南大門市場→カルビ焼肉(夕食)→ソウルタワー に行きます。

しかし私たちは今日NANTAに行けるよう添乗員さんに手配をお願いしていましたので、

南大門市場→カルビ焼肉(夕食)→NANTA という特別なコースを選択しました。

こちらの特別コース、夕食まででW50,000(=約3,500円)、

NANTAチケットW50,000(=約3,500円)で

合わせてW100,000(=約7,000円)でした。

ソウルタワーには行けなかったけど、結果的にこっちを選んでよかったかなーと

思いました。


南大門市場ではほんの30分ほどの自由時間しかありませんでしたので

たくさん見て回ることはできませんでしたが、

おもしろい靴下をたくさん購入しました。


南大門市場でのお買い物情報はコチラへ→韓国旅行'09 お土産編



夕食はカルビ焼肉。

s-P1070216.jpg

店名「え〜やんか!」ってモロ日本人向け?


s-P1070225.jpg

カルビ肉をお店の人が手際よくはさみでちょきちょき。


s-P1070226.jpg

すっかりおなじみサンチュにのせて、がぶり。

ん〜〜、んまい!



ここで一行とは別れ、NANTAを見に行くもう一組(池田さん、だったかな?)のご夫妻と

一緒にタクシーでNANTAの会場へ。


s-P1070227.jpg


NANTAとは、4人の料理人とひとりの支配人が繰り広げる、

韓国オリジナル のパフォーマンス・ショー。

キッチンの中にある道具を叩いて作り出す独特のパーカッションのリズムに

合わせて展開する、ステージ・アートです。


s-P1070229.jpg

パーカッションによるエンターテイメントというのでしょうか。

この写真のように、野菜を切りながら音を出したりもするんですよ。


s-P1070231.jpg

実際に叩かれたキッチン用品は、こんなにへこんじゃうんですねー。


s-P1070236.jpg

NANTAの開演を待つ場内です。

この後は当然の如く撮影禁止となりますので、これ以後の写真はないのですが、

NANTA、すっっごくよかったです!楽しかった〜〜!

言葉が通じなくてもこんなに笑えるってスゴイ。

言葉を超えるって、まさにアート、芸術ですね。



興奮さめやらぬままタクシーでホテルに戻った私たちでした。



さて、明日はもう旅行最終日です。

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

韓国旅行'09春 1日目(青瓦台・東和免税店・7LUCKカジノ)

母にとっては初の、私にとっての2度目の海外である今回の韓国旅行。

1日目の天気は晴れ なかなかの旅行日和です。


H急旅行のツアーに乗っかったので、ツアーメンバーと集合し、

アシアナ航空OZ131便11:50発にて韓国へ飛びました。

s-P1070001.jpg

機内食です。軽食ということでしたが、結構しっかりでした。


韓国に着き、現地添乗員さんと合流。バスに乗ってソウル市内へ。

s-P1070002.jpg

バスの車窓から。

韓国の公園にはジムのような運動器具がたくさん置いてありました。

「韓国の人はスリムだとよく言われますが、韓国人はよく運動するんですよ。」

と添乗員さん。なるほど。

何にもしなくてスリムなのではなく、努力しているということですね。


s-P1070002.jpg

コチラも車窓から。ソウルは坂が多いところ。そこにビルが密集しています。

ちょっと長崎の街並みに似ています。


s-P1070005.jpg

バスの中でショッピングカードが配られました。

コレに氏名やパスポート番号、帰りの飛行機の便名などを書き入れると、

免税店で免税特典を受けられるというものです。


s-P1070006.jpg

早速ヘンな日本語見つけました。

韓国には日本語で日本人向けに表示してある看板が多いのですが、

「ン」と「ソ」がよく間違っています。

こちらも「クーポン」が「クーポソ」になっています。


s-P1070009.jpg

バスの中で添乗員さんが両替してくれました。

¥10,000→W140,000になりました。


s-P1070018.jpg

ソウル初の観光は、韓国大統領官邸である青瓦台です。

この付近はかなり厳しい撮影制限があります。

ですので、青瓦台近くの撮影OKの公園から青瓦台を望みます。

この写真中央の像の右後方に青瓦台はありました。


s-P1070011.jpg

ズームアップした写真です。中央に見える青い屋根の建物が青瓦台です。

文字どおり青い瓦の屋根ですね。英語ではブルーハウスというらしいです。


青瓦台の観光の後は、免税店でお買い物。

1日目は東和免税店に行きました。



東和免税店で購入したお土産はコチラへ→韓国旅行'09 お土産編




免税店で買い物を終えてバスに戻ると夕方でした。

次は、カジノに向かいました。


s-P1070023.jpg

7LUCKカジノです。

賭博禁止の韓国。よって韓国国籍を持つ人はカジノに入れません。

私たち旅行者だけが楽しめるカジノを、ちょこっとだけ体験しました。

私はスロットでW10,000(700円弱)賭け、

W7,000(約500円)ほど儲けました(^^)v

母はW20,000負けたそうです。



さて、カジノ体験の後はお待ちかねの夕食です。

s-P1070043.jpg

s-P1070030.jpg

メニューはプルコギ。

店員さんがトングとはさみで手早く肉を切っていきます。

肉をハサミで切る。ちょっとカルチャーショックです。


s-P1070034.jpg

サンチュ(葉っぱ)、キムチ、ナムル他。


s-P1070036.jpg

サンチュに火の通った肉を乗せ、甘味噌をつけて巻いて食べます。

美味しかった〜〜。

肉も美味しかったですが、キムチが絶品!

スルスルと胃に収まっていき、2回ほどおかわりしました(おかわり無料)。

辛味と酸味と旨味の三味(位)一体攻撃に、見事にヤラレました〜。


s-P1070040.jpg

日本語メニューにまたヘンな日本語を発見。

おこのみやきの「こ」の字だけがなぜかカタカナになっています(笑)。



プルコギでおなかいっぱいにして、今回の宿泊先

ソフィテルアンバサダーホテルにチェックイン。

s-P1070045.jpg

とてもきれいなホテルで、よく眠れました。



2日目は、世界遺産 昌徳宮(チャンドックン)、仁寺洞(インサドン)、

明洞(ミョンドン)、ロッテ免税店などをまわります。

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

2008.11.24 奈良(三輪山・祝戸荘・飛鳥資料館・万葉文化館)

K部会臨場研修in奈良の行程2日目にして、最終日です。

今日は、今回の臨場研修のメインイベント三輪山登山をする日です!

P1060356.jpg

普通、大神(おおみわ)神社というと・・・


P1060354.jpg

この拝殿に参拝して、周辺の狭井(さい)神社

久延彦(くえひこ)神社
を廻って、ハイ終わり!ですが、

今回は、大神神社のご神体である三輪山に登るというのです。

福岡でいうと天拝山(標高258m)程度の山です、と聞いていましたが、

私は天拝ではなく天拝(住宅街の中にある坂)と思ってしまい、

「な〜んだ、あの、車でブーンって上って、ブーンって降りてくるだけの坂やんけ〜」と

すっかりナメていました。




が!!

大神神社のパンフレットを見てビックリ!三輪山の標高は467mです!

467mって、車でブーンって行けないし!!

天拝坂と勘違いしてなかったとしても、天拝山の2倍近く高いし!



聞けば今回の臨場研修メンバー、やけに登山部の顧問多し・・・。

彼らいわく、福岡でいうところの四王子山(しおうじやま)程度では、と。

四王子山って、登ったことないけど、けっっっっこうキツイって聞きますよ?

そんな山、この運動不足の私が登れるんでしょうか・・・。



私の内心の心配をよそに、大神神社ご神体の三輪山に入山するための

手続きは進んでいきました。

P1060351.jpg

入山初穂料(300円)を収めると、こんなたすき?をいただけます。

これをつけている人しか入山できません。

P1060352.jpg

杖も用意されています。迷わず借りました。


P1060353.jpg

ここから三輪山に入山するのです。


P1060344.jpg

参拝(登山)にあたっての注意事項がいろいろ書いてあります。

なんと、山内は撮影禁止です!




ということで、山内の写真は一切ありません。

肝心の登山はというと・・・






死ぬかと思いました。。。

本当に喘息の発作くらいゼーゼーいいました。

中ほどの難所は、鎖につかまらないと登れないくらい急で、

足場の安定しない道が、これでもかというくらい続きました。

もう足あがらん・・・と何度も気が遠くなりました。

気温は5℃くらいだったのでだいぶ着込んでいましたが、

最後はTシャツ一枚になりたいくらい汗をかきました。

室生寺の奥の院なんて、屁でもないと思いました。

極めつけは、頂上に到達しても、なんの見晴らしもないことでした。





しかし、何とも言えない爽快感がありました。

苦しい苦しい登山中も、口から入ってくる山の空気は

すんなりと私の体に入り、すみずみまでを満たす感じがありました。

代わりに悪いものが口から出ていって、頂上に着く頃には

すっかり体の中がきれいになった気がしました。

むしろ、悪いものを追い出すために体がゼーゼー言っているのではないかと

思えるほどでした。




近年これほどキツイ思いをしたことはありませんでしたが、

登ってよかったな、と思いました。




さて登山を終えるともう13時近くなっていました。昼食の時間です。

P1060361.jpg

山に靄(もや)のかかる、幻想的な飛鳥の・・・


P1060363.jpg

祝戸荘(いわいどそう)で・・・


P1060366.jpg

古代米カレーをいただきました。

上野先生いわく、「古代米カレー、マズイんだまたこれが!」。



いえいえ、ご謙遜を。決してまずくありませんでしたよ。

私は他の所でも古代米カレーをいただいたことがありますが、

ここのが一番美味しかったです。

古代米は固くて、ちょっと水につけたくらいでは中まで水が浸透せず、

芯の残った固いご飯になってしまいます。

しかしこちらでは、2日前から水につけ込み十分に水を浸透させてから

焚くため、美味しく柔らかく、それでいて外側のプチッという食感を残した

絶妙なご飯になります。

そのため、こちらでは古代米カレーは必ず予約しないといただけません。

そのこだわりがイイな、と思いました。



さて、ここ祝戸荘での昼食を最後に、

上野先生ご一行(ゼミの学生さんが2人いらっしゃってました)とはお別れです。

ミーハーな私は、上野先生との2ショット写真を撮らせてもらいたいと

ひそかに機会をうかがっていたのですが、いかんせん勇気がなくて(笑)、

また学生さんに笑われそうな気がして、言い出すことができませんでした。

旅の恥はかき捨て。

やっぱり思い切ってお願いすればよかったと後悔しきりですが、

とにもかくにもここで上野先生ご一行の乗ったタクシーを見送りました。

先生、ご案内どうもありがとうございました!m(_ _)m





P1060374.jpg

祝戸荘を歩いて下りたところに、飛鳥稲淵宮殿跡という史跡がありました。


P1060377.jpg

稲淵宮殿というのは、歴史的にどう位置づけてよいか

まったくわからない史跡だそうです。


おなかを満たした後は、資料館・文化館めぐりです。

三輪山下山途中から降り出した雨はもうすっかり本降りになり、

ここでもまた雨女ぶりを発揮してしまったわけですが、

この後の行程が屋内で助かりました。


P1060378.jpg

飛鳥資料館


P1060386.jpg

ここにはあまり・・・


P1060389.jpg

長居せず・・・


みんなのお目当て、万葉文化館に急ぎました。


P1060390.jpg

中西進先生が館長を、上野先生が副館長を務められる万葉文化館です。

万葉文化館ではちょうど田中一村展が開かれており、

期間中、小泉純一郎元首相もお見えになったそうです。


しかし私は絵画には疎くて、田中一村という人が画壇において

どんな評価を得ている人なのか全く知らなかったので、よくわからなかった

というのが正直なところでした。

ただ、色づかいがとても鮮やかで、それでいて深みがあって、

繊細な筆遣いで、描く対象がおもしろいな〜と思いました。



団体を乗せたバスは、ここから新大阪駅まで走り、皆さんは新幹線で

博多まで帰るのですが、私はここで団体とはお別れし、

一人関空へと向かいます。帰りも飛行機です。


P1060393.jpg

皆さんとお別れして再び一人になった道で、

最後の素敵な紅葉に出会いました。

明日香民俗資料館の裏門です。

雨じゃなかったらもっと素敵だったんですけどね。



これで今回の旅行は終わりです。

今回もまた実り多き旅になりました。
posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

2008.11.23後編 奈良(生駒山・二上山・當麻寺・葛城一言主神社)



12:30 奈良ロイヤルホテルにて、福岡県K部会の方達と無事合流し、

貸し切りバスにて、福岡K部会臨場研修in奈良の旅がスタートしました。



今回の旅を案内して下さるのは、最近メディアでもご活躍の姿を拝見する

万葉学者、奈良大学教授の上野誠先生です。

最近では、NHK知るを楽しむ「万葉びとに恋愛を学ぶ」で、

歌人の加藤千恵さんを相手に、万葉びとの恋愛についてレクチャーしていらっしゃいました。

知るを楽しむ「万葉びとに恋愛を学ぶ」
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200811/thurseday.html

そえ果は毎週録画して見ていました!(第1回だけ見逃した(-_-;))

上野先生の語り口調はとてもソフトでしかもわかりやすく、

万葉びとたちが当時どんな恋愛をしていたのか、どんな悩みを抱えていたのかが、

実にいきいきと伝わってきて、思わず上野ワールドに引き込まれてしまいます。

「万葉びとに恋愛を学ぶ」はお正月にも再放送があるそうです。



バスは、奈良ロイヤルホテルを出発し、平城京の朱雀門などを車窓から見ながら、

生駒山展望台へと向かいました。



さて、上野先生、バスの中ではマイクを片手に、車窓に流れる景色を種に

次々と万葉歌を引用し、その歌の背景やそこに息づく万葉人たちの恋愛観・生活観等、

また、先生が関わられたいろいろなイベントや研究における秘話などを

楽しくおもしろく語って下さいました。

P1060230.jpg

生駒山から市街を見下ろしながら説明をされる上野先生。

生駒山は、大阪湾から一番高く見える山であったため、大阪湾から出航する人々に

とっては、生駒山は最後に見える山であり、生駒山のある風景というのは、

故郷の最後の風景であった、ということです。

世間を騒がせた阿部定が、事件を起こした後、「生駒山から身を投げて死のうと思った」

と語ったことは、今も昔もこの地方に住む人々にとって生駒山は、故郷を象徴する山として

認識されていたということをあらわしているようです。



バスはここから生駒山を下り、當麻寺に向けて移動しました。

P1060239.jpg

車窓から。どこのなんだかさっぱりわかりませんが(笑)、印象的な橋だったので。



當麻寺近くの駐車場に降り立つと、ふたコブの二上山がくっきりと見えていました。

現在はにじょうざんと呼びますが、かつてはふたかみやまと呼ばれ、

我が子草壁皇子を帝位につけようとした持統天皇から謀叛の嫌疑をかけられ

殺された大津皇子が葬られたという話が残っています。

P1060243.jpg

二上山は、奈良盆地の南側から見るとふたコブに、北側から見るとひとコブに

見えるのだそうです。

ですから、この山をふたコブあるという意味の「ふたかみやま」と名付けたのは、

奈良盆地の南側に住んでいた人々の発想だ、ということです。

なるほど。これが上野先生のモットー、「体感する万葉」なのですね(^^)


P1060252.jpg

當麻寺にお参りする前に、相撲の起源といわれる當麻蹶速(たいまのけはや)

ちなんで建てられた相撲館に寄り道です。

ここ、葛城市相撲館「けはや座」では、大相撲本場所のものと同じサイズの土俵と

枡席が設けられ、江戸時代の番付表や開け荷など相撲資料が展示されています。


P1060258.jpg

けはや塚。當麻蹶速のお墓と言われています。


さて、いよいよ當麻寺に向かいます。

P1060260.jpg

途中のマンホールにも注目。凝ってます。

けはや座から500mほど歩くと、當麻寺に到着です。

P1060266.jpg

現在の本堂。かつては、中将姫が織り上げたという曼陀羅を納める曼陀羅堂。

末法思想の世、人々が本来の本堂を素通りしてこの曼陀羅堂に参るように

なったことから、こちらが本堂、本来の本堂は講堂となりました。


P1060270.jpg

上野先生は、この本堂の床の高さを指摘していらっしゃいました。

どんな意味があったのでしょうね?


P1060264.jpg

本来の本堂、現在の講堂です。境内でも下克上です。


P1060265.jpg

いまもむかしも金堂です。


P1060269.jpg

中将姫の前で、上野先生を囲んで記念撮影カメラ




P1060273.jpg

本堂に向かって左側に伸びる道&階段。この門、倒れそう〜。


P1060302.jpg

中之坊の庭園より東塔を見上げました。紅葉がとてもきれいな時期で最高ぴかぴか(新しい)でした。


バスに戻り、車中にて中将餅をほおばりながら、葛城一言主神社に向かいました。

上野先生いわく、

だんご庄のおだんご
http://dango.kir.jp/about_dango.html

吉野のやき餅こばし
http://www.yoshino.ne.jp/shop/kobashi/index.htm

當麻の中将餅
http://www.chujodo.com/

の上記3つが、奈良三大甘味なのだそうです。

「奈良にうまいものなし」と言って、いつもお土産に頭を悩ませ、

結局は寿吉屋さんの薬師味噌になってしまう私は、これはよいことを聞いた!と

喜んだのですが、いずれも日持ちがせずお土産には不向きのようです。

とはいえ、中将餅以外のだんご庄のおだんごと吉野のこばしは

まだ食べたことがありません。

お土産には無理でも、ぜひ足を運んで食べてみたいものです。

次の奈良旅行の機会には絶対食べるぞ!


な〜んて決意している間に、葛城一言主神社に到着しました。

P1060280.jpg

参道。


P1060319.jpg

拝殿です。左のイチョウの木はご神木です。


P1060304.jpg

万葉歌碑の説明をなさる上野先生。

 葛木之 其津彦真弓 荒木尓毛 憑也君之 吾之名告兼
 葛城の 襲津彦真弓 新木にも 頼めや君が 我が名告りけむ
 (かつらぎのそつひこまゆみあらきにもたのめやきみがわがなのりけむ)  巻11-2639




さて、この日の夕食は、上野先生行きつけのお店、ならまちの日本料理店

割烹恵方(→コチラ)にていただきました。

P1060324.jpgP1060325.jpgP1060326.jpgP1060327.jpgP1060328.jpgP1060329.jpgP1060330.jpgP1060332.jpgP1060333.jpg

出てくる料理、どれもこれも美味しいものばかり。

美味しいものだけでおなかをいっぱいにできる喜びにひたった、幸福な時間でした。



本日の宿は奈良ロイヤルホテルです。

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.11.23前編 奈良(興福寺国宝特別公開)

奈良2日目です。

今日の昼には団体と合流するので、一人勝手に動けるのは今日の午前中までです。

この時期特別公開をやっている法隆寺にも行きたかったのですが、

やはり五重塔の初層公開の方に心ひかれて、興福寺へ行くことにしました。


IMG_0001.jpg
IMG_0002.jpg


(興福寺特別拝観料=1,000円)


P1060214.jpg

まずは南円堂内陣を拝観しました。

南円堂ご本尊の不空羂索観音菩薩を中心に、

その四方に四天王立像(広目天、多聞天、増長天、持国天)が安置されていました。

南円堂の不空羂索観音は仏師康慶の作だそうです。

私がはじめて出会った不空羂索観音は、東大寺三月堂の立像ですが、

立像と座像の差でしょうか、こちらのほうがどっしりと重々しく感じられました。



P1060216.jpg

次はいよいよお待ちかねの、五重塔初層です。

人が列をなしていて、入るまでにだいぶ時間がかかりましたが、

中に入ってしまうと時間を忘れて仏さまに見入ってしまいました。


そう広くない空間に、薬師三尊像、釈迦三尊像、

阿弥陀三尊像、弥勒三尊像が安置されています。

塔の柱を背にして、3体×4仏=12体の仏さまたちが

立体曼陀羅風に配置されています。とても濃密な空間がそこにはありました。




さて、興福寺の特別拝観を終え、北に向かって歩いていると、

見事なイチョウの黄葉に出会いました。

P1060225.jpg

上の方は少し葉も散っていますが、まだまだ見頃のイチョウです。


P1060228.jpg

そしてここでオトコマエの鹿にも会いました(メスかもしれない)。


さて、鹿とたわむれているうちに、午前中の残り時間が少なくなってきました。

大通りを渡って、奈良商工観光館へ急ぎます。

ここでは、果たすべき大切な用件が2つあります。

一つ目は、奈良大和路カレンダー2009です(詳しくは→コチラ)。

私は奈良ファン倶楽部の会員なので、奈良観光連盟で購入すれば、

通常1,500円が1,000円で購入できるのです。

福岡在住の私が、奈良に来たこの機会を逃すはずはありません。

奈良観光連盟は、ここ奈良商工観光館の2Fにあるのです。


そして・・・

P1060527.jpg

ゲットしました〜〜! 満足(^^)


ということで、用件の二つ目。

1Fに降りて、きてみてならSHOP(詳しくは→コチラ)でお土産をお買い物です。

ここきてみてならSHOPでは、奈良の代表的なお土産がかなり揃います。

そして奈良ファン倶楽部会員は10%割引になるのです!すばらしい〜!

こちらでいつもの鹿サブレその他のお土産を購入し、

奈良公園散策を終えたのでした。


12:00すぎ、奈良ロイヤルホテルで福岡県のK部会臨場研修メンバーと合流です。

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。