2008年01月07日

1/7 初詣A 桜井神社(福岡県糸島郡)

ヒマだったので、また一人でふらふらと初詣です。

桜井神社に行きました。



桜井神社、糸島では結構大きな神社です。

もちろん、宗像大社とか宮地嶽神社とか太宰府天満宮などの全国的に有名な神社とは

比べものになりませんが、元旦は多くの人手(地元の人)で賑わいます。

私は福岡市内(といってもギリ)の小学校でしたが、遠足でよく行きました。

P1020106.jpg
鳥居には「櫻井神社」と書かれています。
本当は画数の多い方のサクラなのですね。


P1020103.jpg
鳥居をくぐって本殿までの参道にある石橋。
実際渡ってみると、スゴイ傾斜です。ブーツではちょっと大変です。


P1020099.jpg
この楼門は、県の重要文化財だそうです。


P1020102.jpg
本殿。この裏に、奥宮岩戸宮があります。
左側から裏に回ってみました。


P1020076.jpg
赤白の垂れ幕をくぐって岩戸宮に参拝するのですが、
その、上・・・。


P1020078.jpg
何でしょうか、コレ?鬼???


P1020081.jpg
奥宮岩戸宮です。

P1020093.jpg
楼門を出て本殿と反対側の急な階段を上ると、石畳の参道が続いています。


P1020089.jpg
歩いていった先には、大神宮があります。


P1020084.jpg
茅葺き屋根です。そして、屋根の傾斜が正面を向いています。
こういうのを、神明造りというそうです。
写真ではよく見えませんが、3つ建物が縦に並んでいます。
一番奥の建物は、高床式になっています。


P1020097.jpg
大神宮の参道を戻り、階段の上から、桜井神社の楼門を見下ろしました。


P1020107.jpg
桜井神社の由来です。


P1020104.jpg
鳥居を出たところに、「浦姫宮」への案内板が出ていました。
すぐ近くのようだったので行ってみました。


P1020114.jpg
P1020110.jpg
古くからの民家が集まっているところに、浦姫宮はありました。
古いのと新しいのと二つ社が並んでいました。
ところで「浦姫」ってだれだろう?

と思って調べてみたら、ものすごーく詳しく調べていらっしゃるブログに辿り着きました。
この方の記事に比べたら、私の記事などいらないくらいです。

Basan World より 桜井神社の話と黒田騒動
http://basan.blogzine.jp/basan_world/i/index.html


明日は、太宰府天満宮と九国博の京都五山展に行く予定です(^^)
posted by そえ果 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78408343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。