2011年08月28日

小学校時代の担任の先生に再会


2011.08.23に、とある研修会の場で、思いがけず、
小学校時代の担任のM先生に再会しました。

私が研修会の受付で、受付簿の自分の氏名にマーカーで線を引いたとき、
上から、私の名前をつぶやく声が聞こえました。

「はい、山山です。」といって、その人から資料を受け取ろうとすると、
その人は、じぃぃぃ〜っと私の顔を見つめたままで、なかなか資料をくれません。

「ん?」と私も思わず彼を見つめ返してしまいました。
「山山さんって・・・」
その声を聞いた瞬間、思い出しました、というか思い当たりました。
「ええっ!?」

二十歳の夏に同窓会をしてから、実に18年ぶりの再会でしたが、
二十歳の時にはまだまともな大人じゃなかったので(今もか!?)、
当時のことについてちゃんと話した記憶がありません。


M先生は、私の小学校5,6年の時の担任の先生でしたが、
当時の私はちょっと(いや、かなり)反抗期で、
M先生を意図的に困らせていました。

先生は、「そんなふうには覚えてないけど」と言ってくれたけど、
絶対覚えているはずあせあせ(飛び散る汗)


まあ、反抗期も成長の一段階だからしょうがないと言えばしょうがないのですが、
今となっては恥ずかしい限りです。


研修の受付ではあまり長々と話す訳にもいかず、
じゃあまたと別れましたが、M先生は研修後、私をわざわざ探して訪ねてくれました。


40分ほど話したでしょうか。
先生にとって、私たちは初めて担任した生徒でした。
だから、一番思い出深い生徒だと・・・。

今となってはわかります。本当に。
昨年、私が初めて担任として受け持った生徒たち。
生涯忘れられない生徒たちになると確信しています。

M先生にとっての初めての担任クラスだったのに、
あんまり素直な生徒じゃなくてごめんなさい。
でもそれは、「すき」の裏返しだったかもしれないと、思う今日この頃です。



私の反抗期は中学1年生くらいまで続いたのですが・・・
この日の研修参加者一覧には、中1当時の担任のH先生の名前もありましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

H先生(女性)のことも、私はずいぶん困らせました。
H先生も、わたしたちが初めての担任クラスでした。
おまけに、途中から身重になられ。。。
なのに、わたしたちは全然先生を気遣ってあげられず、
H先生は切迫流産の危険があるということで、早い段階で産休に入られました。。。


探すことができればお会いしたかったのですが、
この日H先生とお話しすることはできませんでした。


やはり周囲の人には、一瞬一瞬、
精一杯誠実に接しておくべきだと、つくづく思い知った一日でした。



posted by そえ果 at 20:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。