2011年08月13日

2011.08.13(土)奈良旅行4日目_山の辺の道・三輪そうめん・きみごろも・長谷寺




早めにレンタカーを借りて、10:03着のJRで奈良入りする

とげぞう夫妻をJR奈良駅でお出迎え。

3月末にとげぞうから「赤ちゃんができました」メールをもらってから、

初めて会う私たち。おお!お腹がおっきくなってる〜。6ヶ月くらい?


それにしても暑い。今日も暑い。

早々に車に乗り込んでもらい、クーラーをがんがんにかけて、

いざ、山の辺の道へ出発!


まずはナビを石上神社に設定しました・・・が、途中で「帯解寺→」の

看板に出くわし、妊婦もいることだし、せっかくだからと寄ってみました。

P1120156.jpg

P1120155.jpg

帯解寺は、今から約1150年前、なかなか子宝に恵まれなかった文徳天皇の妃

染殿皇后(藤原明子)が、帯解子安地蔵菩薩に祈願なさったところ、

まもなく御懐妊、無事惟仁親王(のちの清和天皇)をご出産になられ、

それを喜ばれた文徳天皇により、伽藍が建立され、無事腹帯が解けた寺、

帯解寺(おびとけでら)と寺号を改められたという由緒正しい寺で、

近年では、美智子妃殿下御懐妊の際、安産祈願した腹帯などを献納した

お寺としても有名です。

とげぞう夫妻も、5ヶ月目の戌の日の安産祈願先として、この帯解寺が

候補に挙がったそうですが、ものすごい人気で断念したとのこと。

いくら美智子皇后の安産祈願をした寺だからって、この平成の世に至るまで

そんなに人気を保っていられるものか?と思ったら、

どうやらこういうことだったようです。

「江」ブーム、少子化も止める? 帯解寺へ参拝急増
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110218/trd11021812070010-n1.htm



P1120158.jpg

石上神宮

P1120160.jpg

なぜかたくさんの鶏が放し飼いにされていました。御神鶏?


P1120168.jpg
拝殿が国宝だと聞いてへぇぇ〜と思いながら写真を撮ったのですが・・・。

P1120169.jpg
え?こっちが国宝?


どちらも国宝でした。前者:石上神宮の拝殿(国宝)  後者:出雲建雄神社拝殿(国宝)

http://www.omiyasan.com/other/post-211.php


 

P1120171.jpg
出雲建雄神社




P1120173.jpg

黒塚古墳


P1120174.jpg

黒塚古墳展示館

駐車場がなくて・・・JAならけん柳本支店(この日お休みだった)に

とめさせてもらったのですが、展示館の東側に実はありました。


こちらは、ドラマ「鹿男あをによし」のロケ地としても有名になりました。

ストーリーの鍵を握るキーワード「三角」の謎に迫る場所として、

出てきていましたね。

P1120175.jpg
三角縁神獣鏡


お昼は三輪素麺で〜♪

P1120180.jpg
池利 千寿亭


このお店は人気店なのですね。

土曜日のお昼時・・・14組の待ちが出ていました。

名前を書いて、時間つぶしに500mほどしか離れていない、

近所のみむろへ。


みむろもなかを購入し、喫茶で30分ほど過ごしたあと千寿亭に戻ると、

まもなく名前を呼ばれました。ジャストタイミング!

P1120177.jpg
とげぞう:冷やし素麺天ぷら付(白のみ)

P1120178.jpg
とげぞう夫:冷やし素麺天ぷら付(三色)

P1120179.jpg
そえ果:トマト味噌にゅうめん


みんなでこの変わりにゅうめんのスープを味わい、ひとしきり盛り上がりました。

・味噌と書いてあるけれど、前面には出ていない。隠し味程度では。
・チーズが入ってる!イタリアンみたい!
・チーズとの相性も良いことから、和風ダシではなく、コンソメなどの
 洋風ダシなのでは。
・めんを食べ終わった後、ご飯を入れるとリゾットとしてもイケルはず。

などなど。

この夫婦、どうでもよいことを真剣ぶって話し合うのでオモロイ(笑)。


さて、「三輪素麺」をお土産に買うことも今回の旅の目的の一つですが・・・。

そうめん・・・どうせならちょっと高級なのを、と思ったら5束で1,000円。

高いよー。でもまぁいいか。




千寿亭を出るとすでに2時過ぎ。

予定ではこのあと長谷寺に行く予定でしたが、

大宇陀の松月堂さんに、きみごろも10個を3時に予約していたため、

長谷寺に行く前に大宇陀に行くことになりました。


ナビは番地まで探してはくれず、「周辺」で案内を終えましたが、

とげぞうが見つけてくれました。



P1120184.jpg
松月堂

P1120189.jpg
きみごろも

P1120185.jpg
なんときみごろもストラップ!

きみごろもはこのあと、長谷寺でゆっくりいただきました。

 
P1120187.jpg

長谷寺 改修中でした〜。昨日、龍泉寺もそうだったなぁ〜。




長谷寺への参拝も済み、とげぞう夫妻の御朱印帳にも無事御朱印をいただいたので、

ここらでほっと、休憩の時間にしましょう〜ということで、

P1120190.jpg

国重文の登廊を見ながら、きみごろも〜。写真が暗くて申し訳ありませんm(_ _)m

「土日は予約されていた方が確実です」と松月堂のご主人に言われ、

「じゃあ、3個」というのもはばかられたので、10個予約していました。



とげぞうが冗談で「3個ずつ食べればすぐなくなるよ〜」と言っていましたが・・・

実際、3個行けてしまいました!

とげぞう夫は「4個はキツかった」そうですが(笑)!

P1120191.jpg

ここでもまた、きみごろもの製法・味についてひとしきり盛り上がりました。

・軽い!口溶けが良い!
・ハチミツの甘さが利いている
・中は卵の白身、外に黄身が塗ってある、ということはわかるけど・・・
・卵の白身を泡立てて、どうやって成形しているのか?
・揚げてるのか?焼いてるのか?
・どうやって黄身を塗るのか?

などなど・・・

あ、もちろん「美味しい」ことはいうまでもありません。

大宇陀に行かないと手に入らないのが惜しくもあり、また楽しみでもあり、ですね。

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。