2011年08月11日

2011.08.11(木)奈良旅行2日目_ならまち・身代わり申・ちちろ・般若寺




さて、2日目。

今日は、身代わり申を手に入れるべく、まずは奈良町資料館へ。

P1110954.jpg

前日にも足を運んだのですが、お休みで購入できませんでした。

P1110955.jpg

この、お得な5000円の身代わり袋を購入るんるん

中身は盛りだくさん!

三連の身代り申(7,500円)

身につける小さな身代わり申(1,000円)、
ストラップ(500円)
てぬぐい(値段不明)、
夫婦箸(値段不明)など。


わかっているだけの金額を足しても、


5,000円というのがいかにお得かわかります。

これと別に、自分用に、身代わり申の中(2,500円)も購入〜。

P1110956.jpg


身代わり申は家の入り口、玄関の中に下げてくださいとのこと。

ならまちでは皆玄関の外に下げてあるので、

そうするものかと思っていましたが、

ならまちの方々は、道行く人々の安全を祈って

外に下げておられるのだそう。ありがたいことです。

また、身代わり申が落ちたり、紐が切れたりした場合は、

自分が受けるべき災難を申が引き受けてくれたと理解し、

庚申堂にお持ちくださいとのこと。

ちゃんとお焚きあげして、供養してくださるそうです。

これまたありがたいことです。


P1110953.jpg

身代わり申には、売店の方が、願い事と家の名前を

筆で書いてくださいます。

名前は、家用には○○家、個人用にはフルネームです。

願い事は、家用には「家内安全」「無病息災」「交通安全」と

書いてもらい、個人用には「心願成就」と書いてもらいました。

個人用は寝室につるします。


昨日に引き続き、ならまちを散策。

P1110921.jpg
ゲストハウス「枕」さん、み〜〜〜っけ!

P1110922.jpg

P1110926.jpg
御霊神社

P1110951.jpg
ならまち格子の家


P1110928.jpg

P1110947.jpg

P1110943.jpg
こうやって、板壁を上に跳ね上げて・・・

P1110944.jpg
風を通したりできるわけですね。昔ながらの町屋には工夫がいっぱい。


P1110967.jpg

P1110966.jpg
ならまち工房U 


生駒あさみさんの奈良ガイドブック『二人で行く奈良』で、気になっていた・・・
P1110965.jpg

P1110959.jpg
「be-buddha」さん

真鍮クリップをお買い上げるんるん

P1120232.jpg P1120236.jpg

表には「悟れ」、裏には「煩悩」。このゆるーいイラストにも癒されます。


RAHOTHUの場所を確認して、きたまちのちちろへ。



NHK奈良放送の裏手にある、古書喫茶ちちろは、

映画『殯の森』で認知症の老人役を演じられた、うだしげきさんがやっておられるお店です。

「ちちろ」とは「こおろぎ」のことだそう。


P1110973.jpg

火・木限定のちちろランチを目的に行った私ですが、

現在はランチはやっておらず、

うださんのつくるおうどんとそうめんでやっておられるとのこと。

P1110976.jpg

ならばと、うださんおすすめのアーサそうめん(800円)をいただきました。

そうめんはたっぷり2人前はありそうな量。

めんつゆの中に大和芋のすりおろしたものと、

アーサ(あおさ)を入れ、それに麺をつけて食べます。

塩味が効いてて美味しい!体が喜んでいます。


そうめんをいただきながら、うださんといろいろとお話をさせていただき、

楽しい時間をすごしました。

古書喫茶としてオープンしたお店ですが、

古本はさっぱり売れず、代わりに喫茶担当として

きていただいている女性が作るお菓子が評判となったため、

古本より最近はカフェとしてやっておられること。

古本のほとんどは2Fのスペースに固めて上げてしまったこと。

映画『殯の森』(もがりのもり)の撮影の裏であった秘話。

河P監督最新作の『朱花の月』(はねずのつき)について・・・etc




このあとはどこに行くの?と聞かれ、ノープランですと言うと、

ちちろから徒歩でいける、ディープな奈良散策ルートを教えてくださいました。

般若寺には今回ちょうど行こうと思っていたので、

この提案に飛びつきました。





ちちろを出て、北へ北へと歩きます。


途中、うださんに「建物がすばらしいから」と教えてもらった、

奈良少年刑務所に出ました。あら、ホントに美しい煉瓦造り。

P1110977.jpg

中の建物も煉瓦造りのようですが、

さすがに門にかじりついて中を撮影する度胸はなく、

遠巻きに門だけ。

wikiによると

「毎年9月に「矯正展」という一般公開行事を開催している。

 指導内容の紹介、受刑者の絵画や文芸等の作品紹介、

 本館前の広場を中心とした物販などのほか、

 さらに奥に入って施設を見学するツアーも行われている。」

とのこと。写真撮れるならちょっと参加してみたいツアーです。





あれ?奈良少年刑務所に出てしまったということは、

うださんに教えていただいた「北山十八間戸」

(鎌倉時代のハンセン病患者収容施設)は見落としてしまったよう。

でも、あまりに暑くて戻る気力なし。


ということで道を先へと進みました。

般若寺を右に見て、左には植村牧場

P1110979.jpg

こちらでうださんおすすめのソフトクリームをいただいてから、

般若寺に参拝することにします。


知的障害の方が働いておられる牧場です。

P1110981.jpg

ソフトクリームはまっしろ!そして甘くて濃厚でした!





コスモス寺として有名な般若寺ですが、

さすがにコスモスには早いか・・・

いえ、ほんのちょっとですが咲いていました!


P1110997.jpg
 

P1110994.jpg



うださんが教えてくださった道をどんどん行きます。

途中、こんな↓看板や、

P1120020.jpg
(仏教の町なのに・・・)

こんな↓お店、

P1120021.jpg
(この辺には鹿がいないというのに・・・)

に、和まされながら?てくてく。


「タイムスリップできる場所」(byうださん)という、

P1120022.jpg

P1120026.jpg

奈良豆比古神社

大樟には圧倒されて、なんだかタイムスリップしそうな感じにはなりましたが・・・

P1120031.jpg

いかんせん蚊が多くて、あっという間に現実に引き戻されました。


奈良豆比古神社から来た道をやや戻って右折。

道がだんだん農村っぽくなっていって不安になりましたが、

とりあえず進んでいくと、教えていただいたとおり、黒髪橋へ出ました。

P1120033.jpg

P1120035.jpg

P1120034.jpg

橋を渡ると、黒髪神社。

そして聖武天皇生母の藤原宮子(不比等の娘)の塚?

P1120036.jpg

P1120037.jpg


奈良ドリームランド(H18.8.31閉園、現在廃墟)の裏の、

ダンプカーが猛スピードで通る、歩道のない大きな道をてくてく。

車道の脇にも藪の奥にもゴミがいっぱいでちょっと悲しくなりました。


ホテルに戻り今日も燈花会へ。

今日は、RAHOTHUでグリーンカレーを食べ、

P1120041.jpg

P1120039.jpg


徒歩で興福寺→浮見堂→浅茅が原→浮雲園地→春日野園地→東大寺鏡池→奈良国博



P1120056.jpg



P1120063.jpg

P1120064.jpg

P1120083.jpg

P1120086.jpg

P1120088.jpg

P1120090.jpg



今日もいっぱい汗かきました〜〜〜。






 

posted by そえ果 at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ旅行(奈良・長崎・韓国その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。