2008年06月29日

あじさい咲く白糸の滝とかき氷白雪

今日は、朝少し晴れ間が見えたので、妹・姪っ子たちを誘って、
あじさいの花を見に、糸島の白糸の滝に行って来ました。

P1040908.jpg
滝付近には、色とりどりのあじさいが咲いていました。
P1040895.jpg
雨上がりでむしむししていたのですが、さすがに
滝のそばまで行くと、体感温度が4〜5℃低く感じられました。
涼し〜〜〜い!

P1040900.jpg
流しそうめんもできます。

P1040906.jpgP1040907.jpgP1040909.jpgP1040915.jpg
P1040918.jpg
眼下には糸島の平野が広がっていました。

P1040919.jpgP1040920.jpgP1040922.jpgP1040923.jpg


さて、滝のマイナスイオンを浴び、あじさいを満喫した後は、
胃袋を満たさなくては!ということで、
白糸の滝から少し下ったところを左に入って、狭い道をひたすらまっすぐ進み・・・

P1040950.jpg
村上家本舗に到着しました。
友人の何人かから、「オススメ!絶対行ってみて!」と言われていながら、
なかなか行くことができず、ず〜〜っと気になっていたお店です。
(確か、nezuさまからも勧められたような・・・)

P1040948.jpg
ちょうどお昼時だったのですが、店内にはほとんどお客さんがいませんでした。

P1040936.jpg
それもそのはず、ここ、実は知る人ぞ知る、かき氷専門店。
メニューはすべてかき氷なのです。


P1040944.jpg
私たちは、定番の抹茶ぜんざいと、

P1040941.jpg
子どもに人気のチョコバナナを注文しました。

P1040947.jpg
一口食べただけで、このかき氷の人気の秘密がわかりました。
普通のかき氷のようにざらざらした舌触りではありません。
写真ではわかりづらいかもしれませんが、
カンナか何かで削ったような、薄〜〜〜い氷の層が何枚も重なっています。
この氷の層が、非常にきめ細やかでやわらかな舌触りを生み、
口に入れるとす〜〜〜っとすぐに溶けてしまうという食感を楽しませてくれます。

かき氷というと、ジャリジャリと噛んだり、
冷たすぎてキーーーンと頭が痛くなったり、だと思いますが、
そんなイメージを払拭してくれる、全く新しいかき氷、それが白雪です。

P1040946.jpg
抹茶ぜんざいの中には、あずきと白玉が、

P1040942.jpg
チョコバナナの中には、チョコとバナナと生クリームとコーンフレークが入っていました。

最近テレビにもよく取り上げられているようです。
村上家本舗の白雪、オススメです(^^)

posted by そえ果 at 17:51| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | あくがれ散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101809150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

何度も食べたくなる美味しさ!『村上家本舗 白雪』の極薄スライスかき氷 in 九州福岡糸島
Excerpt: 糸島の海沿いで遊んだ帰り道、『村上家本舗 白雪』に寄りました。 かき氷を食べる、、、ただそれだけのために。。。 糸島は糸島でも海沿いとは真逆の山の中。 白糸の滝の近くと言えば、以下に山の..
Weblog: 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)
Tracked: 2011-07-10 01:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。