2008年01月27日

ランタンに行きます☆

2/7〜21、長崎ではランタンフェスティバルが開催されます。


長崎ランタンフェスティバル


私は今まで行ったことがないのですが、とうとう今年行けることになりました!

太極拳教室の人たちと数人で、バスハイクに申し込みました。2/20です。

20名以上で催行とのことで、まだ決定ではありませんが、おそらく大丈夫でしょう。

昼に福岡を出発して、ランタンで4時間ほど自由散策、そして夜11時頃福岡着です。

一人旅ではないので、あまり自由は利かないかもしれませんが、

いろいろ見て、楽しんできたいと思います。

写真もたくさん撮らなくっちゃあ(^O^)


ランタンに詳しい方、地元の方、オススメの場所等あったら、お教え願います☆

posted by そえ果 at 20:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

初段試験結果速報

たった今、太極拳の教室の先生から電話がありました。






























合格しました〜〜!ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)















登録料2万円で〜すがく〜(落胆した顔)




でも、よかった(^^)
posted by そえ果 at 12:24| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 太極拳にあくがる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

バレンタイン☆2008


本日のフラワーアレンジメント教室は、バレンタインのアレンジでした。

P1020256.jpg

どの辺がバレンタインか?






P1020248.jpg

この辺です。本物のチョコレートをアレンジに使用しています。




P1020255.jpg

使用花材:バラ(プリザーブドフラワー)、かすみ草(プリザーブドフラワー)、
       ピンクペッパー、いちご、ベリー、リーフ他



職場のデスクに置こうっと。

posted by そえ果 at 23:05| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花にあくがる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

最近涙もろい


んですよ、ホントに(笑)。



まあ、もともと動物ものの番組・映画は見れませんし、

世間が「涙なしには見れない」なんて言ってるものは、まず見ません。

どうしても見たければ、自分の部屋で一人でDVD・ビデオで見ます。

泣き顔を人に見られたくないし、また見せられないからです(^^;)



スポーツ番組もダメです。

もうすぐオリンピックが始まりますが、オリンピックなんかもってのほかです。

人が、いろいろな困難に負けず努力して、やっとその努力が報われて良い結果が出る、

そんな瞬間は、「よかったねぇぇぇ〜〜〜(T_T)」と、まるでその人の肉親にでもなったかのように

ぼろぼろ涙が出ます。正月の箱根駅伝とか、たびたびあるフィギュアスケートなども危険です。



そして、最近は特に涙もろいのです。



つい最近は、センター試験の古文の問題で泣きそうになりました(^^;)

内容は先日紹介したとおり近世の怪談話なのですが、それがなかなかに泣ける話なのです。

出題は浅井了意『狗張子』から「死後の烈女」の章でした。



以下に、少しあらすじを紹介します。



福島角左右門(ふくしまかくざえもん)という男が、奉公するために故郷をでて都に赴く途中、
喉の渇きを覚え、民家に水を求めた。窓の明かりで足袋を繕っていた女が快く水をくれたが、
田舎者にしてはたいそう美しい女性であった。その民家で男はしばらく休憩した。
女の家は貧困を極めており、また女の上品な容貌にひかれたこともあり、男は思わず女の手をとり、
「この田舎で貧しく暮らすより、私と共に都に行かないか?」と言い寄った。
しかし女は男の手を強く払いのけ、きっぱりと言った。
「私には藤内(とうない)という夫があります。今は行商のために他国へ行っていますが、
私はこの地で夫を待ち、舅姑に尽くしております。貧しいながらもなんとか食べております。
この生活ももう10年にもなりますが、明日、夫がようやく帰ってくるのです。」
角左右衛門は自分の軽はずみな行動を恥じて、持っていた餅、果物を女に与えてその場を去った。
近くの宿に泊まった明くる朝、昨日の女の所に忘れ物をしたことに気づき女の家に向かう途中、
葬式の列に会った。尋ねると、商人の藤内の葬儀であるという。角左右衛門はびっくりして、
列に従って墓所に着いたが、そこは昨日女にあったところであった。昨日見た家はなく、
ただ野原がひろがるばかりであった。墓には藤内の女房の棺があり、棺の中には新しい足袋一足、
餅、果物がそのまま置いてあった。墓のそばには舅姑の古い塚もあった。もう10年になるという。
角左右衛門は深く心をうたれ、葬儀に援助をし、後の弔いのことまではからった後、都にのぼった。




どうですか?泣けませんか?

幽霊になってもなお舅姑に尽くし、夫が死を迎えることによってようやく一緒になれた女房。

あらすじを書いているだけで目がつーんとしてくるんですが(^^;)

涙腺こわれてんのかな?
posted by そえ果 at 23:10| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事にあくがる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

センター試験2008


今年のセンター試験の国語の問題を解いてみました。

以下は例年と比べての私の私感です。



第1問  評論:標準
      狩野敏次「住居空間の心身論−『奥』の日本文化」
 
第2問 小説:やや難
      夏目漱石『彼岸過迄』 
 
第3問 古文:
      『狗張子』(浅井了意)


第4問 漢文:やや難 
      『衡廬精舎蔵稿』(胡直)






評論は、標準的、もしくはやや易しめの文章ではなかったでしょうか。

設問も、比較的正解を導きやすい素直な感じのものが多かったと思います。



小説は、おそらく文章自体が高校生には読みにくい部類のものです。

読める子は読めるでしょうが、近代の鴎外や漱石の文章になれていない子は、

現代文でありながらも古典を読んでいるような気分になったかもしれません。

したがって、場面の状況や登場人物の心理状態を的確につかまえることは難しかったと思います。

できた子とできなかった子で大きく点数が開いてしまったかもしれません。



古文はかなり易化していると思います。

文章は近世のものであり、中古の文章に比べると言葉はずいぶん現代寄りですし、

内容は怪談でストーリー性もあります。

文章的にも内容的にも、受験生にとって読みやすいものであったと思います。

設問にはやや難しいものもありましたが、そう紛らわしいものもなかったようです。

あ、でも文学史の設問に関しては、問題文の書き方にちょっと文句あり(個人的に)。




漢文は、昨年もちょっと難しかったですが、今年も難しかったですね。

昨年難しかったから今年は易化すると予想していましたが、見事に外れました。

私の予想を信じた生徒達、ごめんよ(笑)。

しかし、人物関係と内容をよく整理して落ち着いて読めばなんとかなったのでは、と思います。






かくいう私は・・・






易しいと自分で書いておきながらナンですが、

古文で1問落としました^^;。マイナス5点です。

あとはまあ何とか正解しましたので、 195/200点 でした。

満点を取るというのはなかなか難しいものです。



私の所要時間は65分。例年制限時間の80分いっぱいいっぱい使うか、

ちょっと余るかぐらいなので、今年はかなり早く解けた方だと思います。

ここから考えると、迷わせる選択肢が少なく、全体的に素直な問題だったと

言えるのではないかと思います。



受験生に関しては、平均点はそこそこ出るかもしれませんが、

上と下の開きが結構出るのではないかなと心配します。

できなかった子は、かなり痛い点数になるかも。

posted by そえ果 at 21:17| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事にあくがる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

デジイチにあくがる

mixiで出会った、ばってらさんという方が撮影されたキレイな写真に触発され、

「デジイチ欲しい〜〜〜」熱が上がっている今日この頃です。



現在の私のカメラは Panasonic Lumix DMC-FX30 というコンパクトデジタルカメラ、

略してコンデジです。

コレの前には Canon IXY DIGITAL 200a というのを使っていましたが、

旅行中にバッテリーの寿命に気づき、旅先で現在のものを購入しました。(詳しくはコチラ



私は写真に関してはホントーに素人なので、露出とか感度とか言われても全く分かりません。

画質についても、良いとか悪いとかよく分かりません。

ボケたりブレたりせず、ちゃんと撮れて、記録に残せればいいという程度です。

ですから、機能的なことは店員さんの勧めるまま、最終的にはデザインで(!)決めました。



でもばってらさんの写真は皆キラキラしていて、素人の私でもステキな写真だと感じます。

ばってらさんはデジタル一眼レフ(デジイチ)をご使用です。

こんな写真が私にも撮れたらいいな〜。

それにはやはりデジイチが必要?



しかし、「デジイチ欲しい!」と言ったところですぐに買えるようなものではありません。

とても高価です。

第一、現在持っているコンデジさえもよく使いこなしていない私に、

デジイチなど使いこなせようはずがありません。




ならば、デジイチ欲しがる前に、コンデジをちゃんと使えるようになろう

というわけで、今年の目標(のひとつ)が決まりました(^^)




コンデジでデジイチのような写真を撮れるようになる!ぴかぴか(新しい)




です。










ところで、バッテリーがダメになった前機 IXY DIGITAL 200a ですが、

その後実はヤフオクで新しいバッテリーを購入しました。

しかし、Lumixの使い心地が良く(なんせ200aの半分の薄さで軽い)、

200aの出番はあれ以来全くありません。

購入したバッテリーも、未開封のままです。



そこで、ひらめきそうだ!オークションに出品しよう!と思いつきました。

早速、200aがどれくらいの価格で落札されているか調べてみると・・・。



これが結構な高値(@_@)

付属品の有無等にもよりますが、中古にも関わらず¥17,600で落札されたものも!

実は私の200aも何を隠そう、オークションで2004年の1月に¥17,020で

落札した中古品
なのです。もう4年も前のことです。

4年も経っているにもかかわらず、同じ機種の中古がほぼ同じ金額で取引されている・・・。

そんなに人気のある機種なのでしょうか?

確かに、使っていて何も不満はありませんでした。(←素人なりの感想)

プリントした写真も、正直新しいLumixで撮ったものがものすごーく良いかというと、

そうでもない。IXYで撮ったものと大して違わない。(←コレも素人なりの感想)

だからこそ、また新しいバッテリーを購入して使おうとしていたのですから・・・。

(ただ、ちょっとシャッタースピードが遅かったかな?)




コンデジでデジイチ並みの写真を撮ることを目標に掲げた者として、

私は200aを手放してよいのでしょうか?



目標を達成するために私に必要なコンデジは、

2007年製Lumixなのか2003年製IXYなのか・・・。

That is the question.(笑)




ばってらさんのブログです。
ばってらの放浪季〜第2巻
battera.exblog.jp
posted by そえ果 at 21:21| Comment(4) | TrackBack(0) | あくがる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

オークションにあくがる


年末、大掃除というほどでもありませんが、ちょっと部屋の荷物を整理した時、

要らないものがたくさんあることにあらためて気づきました。



2〜3年前はオークションに出品したりして結構楽しんでいましたが、最近は全然・・・。

オークションへの出品に必要な、Yahoo!オークションプレミアム会員登録も、

解除してしまい、時々落札だけ楽しむ程度でした。



しかし、3年生も大部分が自宅学習となり、非常勤講師である私は大変ヒマになるため、

またオークションでもやってみようかなーという気になりました。



それが、今年元旦の話。

プレミアム会員に再登録をすればすぐに出品できるようになるはず、と

手続きをしてみると・・・




以前とは違い、プレミアム会員登録の後、もう1ステップ追加されていました。

「住所、氏名の確認(配送本人確認)」というものです。

詐欺や悪質な出品者が増えたためでしょうか、

yahoo!から発行する暗証番号を、登録の住所に郵送し、

本人確認をする、というものです。

しかも、本人確認の書類の受け取りには、免許証やパスポートなど本人確認資料の提示が

必要だというのです。

かなりめんどくせぇ〜〜(-_-;)




とはいえ、まあ必要なことでしょうから地道に手続きを踏んで、

晴れて出品することができるようになりました。




出品するよ〜というと、「じゃあ、コレもお願い〜」と妹が便乗。

現在、私と妹合わせて15点出品中(私5点、妹10点。妹の方が多い^^;)。

アクセス件数、ウォッチ数、入札数に一喜一憂する日々です。

なかなか楽しく、ハマっております(^^)。



ちなみに、Yahoo!オークションは2008年1月17日(木)正午〜1月18日(金)午後7時まで

出品無料キャンペーン中ですよ〜。

posted by そえ果 at 22:31| Comment(6) | TrackBack(0) | あくがる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

1/8 初詣B 太宰府天満宮&九国博京都五山展


メインは「京都五山展」ですが、ついでに太宰府天満宮にも参拝。

P1020118.jpg
1/8(火)、平日なのに結構人がいました。


P1020119.jpg
右、かの有名な飛梅です。
東風吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな


P1020120.jpg
もうちょっとでほころびそうな感じではありましたが、まだまだ蕾の梅。


P1020127.jpg
さすがに、学問の神様だけあって、絵馬には受験関係の願いがたくさん。。。


P1020135.jpg
「厄晴れひょうたん」
天神さま(菅原道真)がこよなく愛した梅の木の下で「ひょうたん酒」を飲めば、
不思議に厄が晴れるとの信仰から、奇霊なる霊力がこもるとされる「ひょうたん」に
厄や願いを納めて、天神様のご加護により除災招福を祈念するもの、とのことです。


P1020136.jpg
「梅干しの種納め所」
そういえば梅干しの種には天神様がいらっしゃるって、どこかで聞いた覚えがあります。


P1020129.jpg
時間はお昼の2時過ぎ。さすがにお腹がすいたな〜ということで、 「お石茶屋」へ。
吉井勇太宰府のお石の茶屋にもち食えば 旅の愁いも いつか忘れむ 」
詠んだという、由緒あるお店です。


P1020130.jpg
梅の香うどん¥480です。
うどんの具は、わかめ・かまぼこ・麩・ねぎ、そしてカツオ入りの梅肉です。

P1020131.jpg
お土産に、名物の「梅が枝餅」
太宰府に数ある梅が枝餅屋の中で、もっともおいしいと言われる梅が枝餅です。


P1020132.jpg
おいしそー(*^_^*)
ということで、5つ買ったのですが1つ食べちゃいました。


P1020151.jpg
「曲水の庭」
毎年3月にはニュースになる「曲水の宴」が行われる場所です。


P1020141.jpg
九州国立博物館には、太宰府天満宮の敷地内から行けるようになっています。


P1020142.jpg
この、長〜〜いエスカレーターと、


P1020143.jpgP1020144.jpg
P1020145.jpgP1020146.jpg
この長〜い歩く歩道で。
照明がこのように次々に色を変え、私たちの目を楽しませてくれます。


P1020148.jpg
到着〜〜。


P1020150.jpg
館内のエスカレーターから。



さて、「京都五山展」ですが、かなり見応えがありました。

「輸送、結構大変だっただろうな〜」という仏像や、大型の展示物が予想以上に来てました。

「禅」という文化が、ここまで日本にとけ込むまでには、いろいろな工夫や苦労が

あったのだなぁと勉強になりました。



私が最も心ひかれた展示物は、「金閣の鳳凰」です。

三島由紀夫の「金閣寺」の題材にもなった、昭和25年の金閣寺放火事件によって

金閣寺は焼失してしまいましたが、その火を唯一免れた遺宝です。

足利義満が造営した金閣の屋根のてっぺんに飾られていたものですが、

尾っぽの傷みが激しかったため取り外されて、別のところに保管されていたのだそうです。

「この鳳凰、足利義満にも会ったことがあるんだなぁ」と、まじまじと見てしまいました。




京都に、行きたくなりました。



京都五山展は2/24(日)までです。
posted by そえ果 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

1/7 初詣A 桜井神社(福岡県糸島郡)

ヒマだったので、また一人でふらふらと初詣です。

桜井神社に行きました。



桜井神社、糸島では結構大きな神社です。

もちろん、宗像大社とか宮地嶽神社とか太宰府天満宮などの全国的に有名な神社とは

比べものになりませんが、元旦は多くの人手(地元の人)で賑わいます。

私は福岡市内(といってもギリ)の小学校でしたが、遠足でよく行きました。

P1020106.jpg
鳥居には「櫻井神社」と書かれています。
本当は画数の多い方のサクラなのですね。


P1020103.jpg
鳥居をくぐって本殿までの参道にある石橋。
実際渡ってみると、スゴイ傾斜です。ブーツではちょっと大変です。


P1020099.jpg
この楼門は、県の重要文化財だそうです。


P1020102.jpg
本殿。この裏に、奥宮岩戸宮があります。
左側から裏に回ってみました。


P1020076.jpg
赤白の垂れ幕をくぐって岩戸宮に参拝するのですが、
その、上・・・。


P1020078.jpg
何でしょうか、コレ?鬼???


P1020081.jpg
奥宮岩戸宮です。

P1020093.jpg
楼門を出て本殿と反対側の急な階段を上ると、石畳の参道が続いています。


P1020089.jpg
歩いていった先には、大神宮があります。


P1020084.jpg
茅葺き屋根です。そして、屋根の傾斜が正面を向いています。
こういうのを、神明造りというそうです。
写真ではよく見えませんが、3つ建物が縦に並んでいます。
一番奥の建物は、高床式になっています。


P1020097.jpg
大神宮の参道を戻り、階段の上から、桜井神社の楼門を見下ろしました。


P1020107.jpg
桜井神社の由来です。


P1020104.jpg
鳥居を出たところに、「浦姫宮」への案内板が出ていました。
すぐ近くのようだったので行ってみました。


P1020114.jpg
P1020110.jpg
古くからの民家が集まっているところに、浦姫宮はありました。
古いのと新しいのと二つ社が並んでいました。
ところで「浦姫」ってだれだろう?

と思って調べてみたら、ものすごーく詳しく調べていらっしゃるブログに辿り着きました。
この方の記事に比べたら、私の記事などいらないくらいです。

Basan World より 桜井神社の話と黒田騒動
http://basan.blogzine.jp/basan_world/i/index.html


明日は、太宰府天満宮と九国博の京都五山展に行く予定です(^^)
posted by そえ果 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがれ散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/6 初詣@ 宮地嶽神社

太極拳の検定試験のため、また、祖母の喪中ということもあって、

初詣はやめておこうと思っていましたが、受験番号が早く、試験が午前中で終わったため、

せっかく岡垣まで来たのだし、どこか立ち寄って帰りたいなあ〜ということで、

宮地嶽神社に行きました。本当は宗像大社に行こうかと思ったのですが、

宗像大社に向かう車は予想以上に多く、10キロほど手前から渋滞していたので、

諦めました。宮地嶽神社も渋滞していましたが、宗像大社ほどではなかったので、

なんとか辿り着くことができました。

P1020074.jpg

階段を上りきったところから見下ろした参道↑


P1020025.jpg

もう6日だし、と思っていましたが、日曜日であることを忘れていました。

結構な人手です。渋滞からも予測はつきましたが。




宮地嶽神社の本殿を参拝し、お守りでも買って帰ろうかなーと

境内をうろうろしていたところ、本殿の裏に続く道を発見。

歩いていって見ると、

P1020043.jpg

枝がかかっていてよく見えませんが、「奥の宮八社めぐり」と書いてあります。

お?奥に八社もあるのか〜、ということで行ってみました。

八社もあると結構大変そうですが、社同士は離れておらず、

比較的楽に回れました。一社ずつ写真もとりましたが、

公式サイトの写真の方がよいので^^;

こちら↓をご参照下さい。

宮地嶽神社
http://www.miyajidake.or.jp/
宮地嶽神社 奥の宮八社めぐり
http://www.miyajidake.or.jp/keidai/okunomiya/index.html



八社めぐりには、スタンプラリーの趣向も凝らされていて、

楽しく参拝できました。

たまたま見つけたから良かったものの、そうでなかったら、

本殿に参拝しただけで満足して帰ってしまっていたところでした。

なんだか「仁和寺にある法師」の話を思い出しました(笑)。

「先達あらまほしきことなり」です。



なにかお土産を・・・と思っていましたら、

帰りの参道で目に飛び込んできたのがこれ↓。

P1020075.jpg

「梅が枝餅」だとばかり思っていましたが、よ〜く見ると、

「松ヶ枝餅」と書いてあります。

太宰府では「梅が枝餅」なのだけど、「松ヶ枝餅」はどう違うのかな〜?

と興味を持ち、買って帰りました。


味は・・・










梅が枝餅と同じでした。



いや、私に違いが分からないだけで、どこか違うのかも?
posted by そえ果 at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | あくがれ散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

1/5〜6 太極拳技能検定初段



2008.1.5〜6の日程で、太極拳技能検定が行われました。

私は初段を受験。福岡県遠賀郡のサンリーアイで行われました。

P1020013.jpg

初めて行きましたが、すごくキレイで大きな施設でした(^^)







1/5は事前講習会で、24式太極拳の講習と、

翌日の検定試験のリハーサルが行われました。

「1日目は講習会とはいえ、結構試験官から見られてるよ〜」と、教室の先生から

言われていたこと、そして、その講習中に講師の先生から根本的かつ致命的な

動作の欠点を指摘された
ことで、私は1日目の講習から早くもガチガチに緊張し、

くたくたになってしまいました。

講師の先生が指摘して下さったことは、私がずーっと「うまく行かないなぁ」と思っていた

ことだったので、「おお!そうか、なるほど、うまく行かなかったのはこのせいか!」と

合点が行く反面、「前日にこんな根本的なこと指摘されてもなぁ」という気持ちもあり・・・。

指摘して下さった先生も「急には直らないかもしれないけど・・・」とおっしゃって、

すっかり自信喪失してしまった次第です(-_-;)







1/6の検定試験当日は、まず、30分の筆記試験

今年の出題は以下のとおりでした。

「24式太極拳の動作の中で、『推掌』の手法が含まれている動作の動作名称を

 5つ、漢字で正確に記せ。」


解答時間は30分ですが、早い人は開始5分で提出&退出。

私も10分内には提出し、ほとんどの人が20分以内で終わったのではないかと思います。

太極拳の動作名称を5つ書くだけですからね(^^;)



筆記は何とかなったとしても、問題は実技試験です。

前日の練習で精も根も尽き果ててしまった私には、

当日緊張する気力さえ残っていませんでした。

なんと、実技試験の順番を待っている間に、ソファでうっかり居眠りし、

同じ組の人に「もうすぐ順番ですよー」と起こされたほど!!



まあ、前日の自信喪失でちょっと諦め入ってたこともあって、

気楽に受験しました。

同じ組の6人が、試験管の合図で一斉にはじめますが、速度を合わせる必要はないので

終了はバラバラです。私は6人の中で一番最後の終了でした。






結果は、今月中〜下旬、教室の先生宛に来るそうです。




なんで個人個人に宛てて郵送しないのかなぁ。。。

落ちてたら、先生も言いづらいだろうに^^;
posted by そえ果 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 太極拳にあくがる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

そえ果もほしいかな(BlogPet)

せんのすけは越前がほしいな。
そえ果もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「せんのすけ」が書きました。
posted by そえ果 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | せんのすけもあくがる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

カレンダーメーカー

昨年、脳内メーカーが大変話題になりましたが、

こんなのもあります。





カレンダーメーカー
http://usokomaker.com/calendar/



名前を入力すると、「○○のとある1ヶ月」のカレンダーが表示されます。


ちなみに、私の本名ではこんなカレンダーになりました。

カレンダーメーカー.jpg


「仕事」と「友人」が50/50っつーことですね。

趣味も恋人も悩みもないってことですか。

まあ、当たらずとも遠からず?






これが、「そえ果」になると、もっと恐ろしい結果に・・・。





カレンダーそえ果.jpg


アル中か!?(-_-;)

悩むくらいなら、飲むなよ。

posted by そえ果 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

2008☆今年もよろしくお願いします!


喪中(祖母)につき、年頭のご挨拶はご遠慮させていただきますが、

2008年もなにとぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

新しい年が、皆様にとってすばらしい年でありますように(^^)



posted by そえ果 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | あくがる日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。